JLPT文法解説:てみせる N3

用法

接続:Vテ+てみせる

1.話者の意志や決意を相手に表明する場合と、手本を見せる場合の2つの用法がある

2.中級の文型で大事なのは、「この文型があるのとないのとでは何が違うのか」だ。比較して教授すること

3.漢字で書くと「て見せる」となり、「見せる」つまり、相手に行動を見せるという事を説明すると理解の助けになる

4.動詞が簡単なもの、短時間でできるものに使う
 ×彼は親に心配をかけないように、結婚してみせた

5.×無意志 〇意志
 ×桜が咲いてみせる

6.継起の用法と捉え、「見せる」を本動詞として使う方法もあり、本文型と区別がつかないものもある
 ・医者が聴診器を耳にあてたので、彼は服を脱いで見せた

7.『③相手に示す』という限られた用法もあり、これは助動詞的な本文型を本動詞的に捉えたものだが、非教授
 ・プレゼントは期待したものじゃなかったが、彼は全力で喜んでみせた

一緒によく使う言葉

①必ず・成功する

例文

子どもにトイレのやり方をやってみせる

大学に必ず合格してみせます

N1et、管理人による日本語教師養成レッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA