JLPT文法解説:たるもの N1

用法 接続:N+たるもの 1.~なら後件は当然だ。必ず後件というものだ 2.後件には「そうするべきだ」という話者の強い判断が来る   一緒によく使う言葉 なければならない   比較文型:「ともあろう ... 続きを読む

JLPT文法解説:べきだ/ではないN2 べくN1 べくしてN1

用法① 忠告・助言 接続:Vジ+べきだ/ではない 1.相手に対して話者の強い忠告や助言、主張を伝える   例文 絶えざる自分の成長を目指すべきです ファーストの見地から どう勧めるか はっきり示し 都議選で審判... 続きを読む

日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

JLPT文法解説:からには N3

接続 フ(Na/Nである)+からには 用法 1.話者の「後件するべきだ」という意志を表す。後件は「前件だから当然後件だ」という責任や義務 2.後件の多くは決意、覚悟などの言葉が多く、話し手の個人的な感情や意気込みが強く感... 続きを読む

JLPT文法解説:上は N2

接続 Vジ/タ+上は 用法 1.後件は「前件だから当然後件だ」という責任や義務 2.だから当然族で最も使用頻度が低く、会話では使われない 3.かなり硬い言い方。会話ではあまり聞かれないが、他の参考書を見ると、日常会話... 続きを読む

JLPT文法解説:以上は N2

用法 接続:フ(Na/Nである)+以上は 1.普遍的な規則や責任など、後件は「前件だから当然後件だ」という意味の文が来る 2.義務や責任、規則、常識といったものに使う事が多く、規則などを表すイジョウハを使うとカラニハより... 続きを読む