JLPT文法解説:すら ですら N1

用法

接続:N+すら +ですら

1.話者が考えるNの範囲内で最も~であるものをXで挙げる。「さえ」同様、極端な例を挙げ、他はもちろんという意味

2.「も」と入替が可能なので、提出、理解の助けとする

3.主語(生き物)につくときは「ですら」になりやすく、デスラがデモと入替可能

4.N1ではあるが文がかなり作りやすいため、復習もかねて他の文型とからめて提出してもいい

比較文型:「さえ N3

スラはサエよりも文語的

例文

私はパソコンが苦手で、電源すら入れられない

〇〇は子供ですら知っている

彼はアメリカに20年もいたのに、簡単な会話すらできない

当サイト、管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA