作文の書き方と誤用例とその訂正方法

これまでに見てきた学生の作文の中で、特に多い間違いを紹介します。

作文の導入時期

作文をいつからやるか、という問題ですが、25課ぐらいからなら大丈夫でしょう。さらに、語を易しくすればもっと早い段階、例えば10課ぐらいからでも可です。

作文・原稿用紙の書き方

まずは、作文の書き方です。下にいい例と悪い例を載せたので、ご覧ください。原稿用紙はだいたいこのように使います。

ルール① 拗音と長音、は1マス使う

ルール② 拗音や句読点はマスの左下に書く

ルール③ 数字は一マスに2つだが、3桁の場合、三つめは一マスに
       
ルール④ アルファベット小文字2つで1マス、大文字1つで1マス

ルール⑤ 拗音や句読点はマスの左下だが、かっこの左部はマスの右上

ルール⑥ かっこと句読点は同じマス内

ルール⑦ 文頭の句読点は禁止。前の行の文末に置く。改行後は1マス空ける

ルール⑧ 「ね」「よ」禁止。

ルール⑨ 普通体丁寧体同時に使うな!

ご覧の通り、ルールが多い日本語の原稿用紙の書き方。一日で全部教えず、20課の時点ではルール①~③、30課で④~⑥というように段階的に教えるといいでしょう。

マス目に拗音などを正しく入れさせるには

拗音や長音、句読点をなかなか一マスに入れてくれません。これを正すいい方法があります。

①作文を書かせる前に『部屋の中に様々な物が書かれた絵』を配布(物は特殊拍を含むもの)
②物の隣に空白のマスを書いておく
③その物が何なのか考えさせ、マスにその物の名前を書かせる
④一マスに拗音や促音を正しく入れないと、マスに空白ができてしまい、正答とならない

例題.Aは何ですか。カタカナをマスに書きなさい。

上のように、テレビには学生が正しく答えを書いているので空白ができませんが、サッカーには1マスの空白ができています。

これを行うことで、一マスに拗音や促音が入ることを意識させることができます。

誤用例

学生がよく書く作文の例を紹介します。

タイトル:私の好きな本
【本文】
 わたしは中国のちょうともうしますわたしは日本がだいすきですよわたしのすきなほんはにほんのれきしのほんですね
 このほんはにほんのれきしやぶんかがわかりやすくかいてあるので、わたしがしりたいこともすぐにわかりますね。
 はじめてこのほんのことを知ったのはさんねんまえですよ

タイトル:私の学校
【本文】
はじめまして。今日はいい天気だ。1年前に日本へ来ました。私の学校はABC学校だ。ABCは非常(ひじょう)に大きな学校で、教室は全部で30もある。教室はいろいろな形(かたち)がありますが、たいてい大きく、私が今勉強している教室もかなり大きいです。
学生は中国人やベトナム人、韓国人など世界中の人が集(あつ)まって勉強しているので、毎日授業は楽しい。そして、先生は全(すべ)て日本人だが、一階に私の言葉がわかる人もいるので、困ったときはよくその人に助(たす)けてもらいます。

結果

細かい文法の間違いや濁点がないなどもあるのですが、それよりも、『作文の書き方を知らない』学生が多いです。特に上の誤用例に示した通り、冒頭の自己紹介は数が多すぎて、添削の後半ともなると見るだけで手が震えます。

しかし彼らは知らないだけなんです。そして、何度「普通体と丁寧体を混ぜて使うな」「改行しろ」と言っても直りません。大事なのは失敗を発見させる事。上の誤用例を学生に見せてみると、皆、「うわ、何コレ、読みにくい」と笑います。
当然です。改行も漢字もない、さらに上にはありませんが文法の間違いまでこれにプラスされたものを読んでいる私達の苦労を分かってもらえると思います。

以下、作文指導で使えるテキストです。

日本語教師のための 実践・作文指導
日本語教師のための 実践・作文指導
日本語教師の7つ道具シリーズ3 作文授業の作り方編
日本語教師の7つ道具シリーズ3 作文授業の作り方編
改訂版 大学・大学院留学生の日本語②作文編
改訂版 大学・大学院留学生の日本語②作文編
当サイト、管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています(skype可)。詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA