JLPT文法解説:られる(自発) N3

用法

接続:受身Vと同形

1.そうしようと思ってするのではなく、自然とそうなる事を言う

2.ラレルを使った文型は他にも「られる(可能)N4」「られる(受身)N4」「られる(尊敬)N4」がある。自発を教える際は復習するといいだろう

3.可能の時もそうだが、助詞が変わる事に※を→が

4.比較して教授するとわかりやすいだろう。ニュース↓
 ・日本経済は今後よくなると△思います 〇思われます
これは、主語をぼかし、物事を客観的に伝える日本的な手法である

5.「慣れる・見える・聞こえる・痩せる・太る」なども自発の意味があるが、これらは受身にする必要はなく、そのままで自発を表す。「見る・聞く」は受身にして、自発を表す
 ・お客様からは不満の声が聞かれる

一緒によく使う言葉

思い出す・感じる

例文

写真を見ると、家族が思い出される

死亡推定時刻は午後五時過ぎだと思われます。

今のところ凶器は刃物によるものだと考えられています

N1et、管理人による日本語教師養成レッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA