JLPT文法解説:まい N2

接続:Vジ(3gV:する・す)(2gV:Vジ/Vマス)+まい 用法① 否定の意志  1.『話者の』強い否定の意志 2.意志なので主語は一人称。三人称の場合は「まい」で終われない(終わると②の意味になる)が、後続句(主に伝... 続きを読む

JLPT文法解説:ほどだ ほど~ない ほど ほど N3・4

用法① 程度・比況 N3 接続:Vジ/ナイ・Aい・Naな・N+ほど(だ/の) 1.前件の程度ぐらい後件だ 2.重要なのは、【前件の程度に達した】場合と、【達していない】場合があるという事  ・死ぬほど疲れた(実際には死ん... 続きを読む

日本語教師のノウハウをプライベートで教えています。詳細はこちら

JLPT文法解説:ぶる N2

用法 接続: 1.多くの人がXだと思うように振る舞う 2.~のふりをする、という意味だが、「ふり」がわかりずらいので「みたい」や「ように」などで代用する 一緒によく使う言葉 大人・彼氏・先輩・いい子・優等生・悪・偉 例文... 続きを読む

JLPT文法解説:のなんのって N2

用法 接続:フ(Naな・N)+のなんのって 1.言葉では表現できない(なんの)ほどの前件だ 2.JLPTで級としてはないが、N2のテキストにある 一緒によく使う言葉 もう 例文 腹立たしいのなんのって、もう!知った被って... 続きを読む

JLPT文法解説:のことだから N2

用法 接続:N+のことだから 1.Xだからきっと後件だ 2.文末に来る場合は「~のことだ」となる  ・彼のことだ。今日も遅刻するだろう 3.後作が作りやすい文型で、無限に文が作れ、非文も作られにくい点を活かして活発な授業... 続きを読む

JLPT文法解説:の極み N1

用法 接続:N+の極み 1.Xの語で示す範囲内で最高のXだ 2.慣用的で古いので、とても教えにくい。どんな時に使うのか、状況を提示し、意味がわかればよし 比較文型:「の至り N1」 例文 うちの学生がいじめをしていたこと... 続きを読む

JLPT文法解説:ぬく N2

用法 接続:Vマス+ぬく 1.最初から最後までXをする 2.Xは大変な事を述べるので、簡単な事には用いない 例文 彼は10年間雨の日も風の日もジョギングをやりぬいた 最後まで全力でやり抜くだけです 日本のストレス社会で生... 続きを読む

JLPT文法解説:を通して を通じて N3

「通して」と「通じて」 どちらも助詞はヲをとることができるが、「穴に糸を〇通す×通ず」からもわかるとおり、トオスは他動詞的(意志的)であり、ツウズは「電話がやっと×通した〇通じた」から自動詞的(無意志的)であることがわか... 続きを読む

JLPT文法解説:に基づいて N2

用法 接続:N+に基づいて +に基づき +に基づく +に基づいた 1.前件を後件する際の基準にすえて物事を行う 一緒によく使う言葉 根拠 例文 自身の複数の金型を制作し、それに基づいて作り上げています。 どれほどの詳細が... 続きを読む

JLPT文法解説:にも関わらず N2

用法 接続:フ(Na/N)+にも関わらず 1.前件の事態から予想されることとは違う結果になる 2.話者の驚き・意外・不満・非難などの気持ち 3.会の挨拶の形:本日はご多忙/雨/天気が悪い にも関わらず 4.接続表現にもな... 続きを読む

JLPT文法解説:にほかならない N2

用法 接続:N+にほかならない 1.断定する言い方 2.書き言葉 3.Nだけでなく、「フから」にも接続する 例文 この法整備とは、いわゆる有事法制にほかならない 翻訳家にとって最強の武器は蔵書にほかならないというのが持論... 続きを読む

JLPT文法解説:にひきかえ N1

用法 接続:Vフの・Aいの・Naなの・N+にひきかえ 1.「前件は~なのに、後件は~だ」と前件の事柄に対して後件と対比し、不満を述べる場合に多用 2.事実描写の文型なので、後件に働きかけ・意志は× 3.漢字にするとわかる... 続きを読む

JLPT文法解説:にとって N3

用法 接続:N+にとって  1.主に人物を表すNに繋がり、その人の立場で考えるとどうなのかという事を表す 2.後件には評価、判断を表す文がくる 3.「は」の付いたニトッテハは、ある事柄を主題にしたり(取り上げたり)、対比... 続きを読む

JLPT文法解説:につき N2・N3

接続:N+につき 用法① 告知 1.主に看板など、公共の場での告知などに使われる 2.普段口で発する事はまずない。単に理由の「~ので」としては使えない事が多い。文章で使用  ×ここは駅につきたばこは吸えませんよ 3.お知... 続きを読む

JLPT文法解説:に足る N1

用法 接続:Vジ・N+に足る 1.Xをする価値があるY 2.否定は文型ではなく、文末を変える  ・会うに×足らない人 〇足る人ではない 例文 彼に管理職に足る能力はない 政治家が遅刻した事はわざわざ議会で議論するに足る事... 続きを読む