JLPT文法解説:といえば N2

くだけた言い方は「っていえば」 用法① 代表的な例 接続:Vフ・Aい・Na・N+といえば 1.ある事柄Xについて、「Xの範囲内で話者が最も代表的だと思うもの」を後件で挙げる 2.Yは必ずN  ・田中先生~×優しい 〇浮気... 続きを読む

JLPT文法解説:てもさしつかえない N2

用法 接続:Vテ・Aくて・Naで・Nで+てもさしつかえない 1.本来はダメ、または普通はしないが、何か理由があって~てもいい 2.「てもいい、てもかまわない」とだいたい同じ意味だが、「さしつかえない」の方が硬く、丁寧で、... 続きを読む

日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

JLPT文法解説:てみせる N3

用法 接続:Vテ+てみせる 1.話者の意志や決意を相手に表明する場合と、手本を見せる場合の2つの用法がある 2.中級の文型で大事なのは、「この文型があるのとないのとでは何が違うのか」だ。比較して教授すること 3.漢字で書... 続きを読む

JLPT文法解説:てほしい N3

用法 接続: 1.話者が前件に対して「起こって/起こらないで」と望む 2.「誰がするのか」動作主が自分でない事をはっきりと示せるように、自然現象などの事象を例文にするといい  ・地震は起きないでほしい 3.「してほしくな... 続きを読む

JLPT文法解説:てはかなわない N2

用法 接続:Vテ・Aくて・Naで・Nで+てはかなわない 1.現在起きている不満を言う 2.過去の事にも言えるが、あまり使われない。使うなら「てはかなわなかった」と文型を過去形にする  ・昨日100人の団体予約があったのに... 続きを読む

JLPT文法解説:にしては N3

用法 接続:Vフ・Aい・Na・N+にしては 1.当然予想できる結果と違うと言う時に使われる 2.自分にはあまり使わない 比較文型:「のに」 ノニと同じように思えるが、違う。ノニはYにどんな言葉でもOKだが、ワリニ・ニシテ... 続きを読む

JLPT文法解説:わりに N3

用法 接続: 1.意味や程度に幅がある言葉(年齢・値段など)に付く 比較文型:「のに」 ノニと同じように思えるが、違う。ノニはYにどんな言葉でもOKだが、ワリニ・ニシテハは評価の言葉でないとダメ ・電気をつけたのにつかな... 続きを読む

JLPT文法解説:てたまらない N3

用法 接続:Vテ・Aくて・Naで+てたまらない 1.話者の感情・欲求などを表す言葉につく 2.「非常に~だ」族で一番気持ちが強く、欲求に使えばよだれをたらし、痛覚などに使えば叫び声でもあげながら痛がる 3.自発V×  ・... 続きを読む

JLPT文法解説:てならない N2

用法 接続:Vテ・Aくて・Naで+ならない 1.『自然に』ある感情が起こり、抑えられない 2.マイナスの事によく使うが、そうとも限らない  ・田中さんには一度どこかで会った気がしてならない 比較文型:「てしかたがない N... 続きを読む

JLPT文法解説:である N0

用法 接続:Vジの・Aいの・Na・N+である 1.文型として例文を示すよりも、いつ使うのか、使用場面をメインに示していく  ×会話・面接 〇論文 ちなみに新聞やニュースは×。デアルというのは自分の意見を強く、全面に言うも... 続きを読む

JLPT文法解説:っぽい N2

用法① Nの感じがする 接続:A・N+っぽい 1.話者の気持ち。そう感じる 2.「理屈/水~」などX自体に悪い意味はないが、ポイが付くことで悪くなる 3.話者の思う基準とはズレているという意味なので、マイナス評価になりや... 続きを読む

JLPT文法解説:まま N4

用法 接続:Vタ/フの現在形(Vジは除く)+まま 1.付帯状況の「~て」のようだが、似て非なるもの  ・ソースをかけ 〇て ×たまま 食べる しかし、これも  ・座っ 〇て 〇たまま 話す と両方〇になる場合もある 一緒... 続きを読む