JLPT文法解説:(ただ)~のみ N1

用法

接続:(ただ)+Vジ・Aい・Naである・N+のみ

1.「だけ」を表す

2.お知らせや標識などでよく見る文語的な文型
 ・(看板)ここからは歩行者のみが通行可能です

3.Ⅲグループ動詞は「練習する」➔「練習ある」となることが多い

比較文型:「のみならず N2

例文

引き返すという選択はない。前進あるのみだ。

言葉を覚えるなら、ただ反復あるのみだ

疑うのは自由だが、私はただ事実を述べたのみだ。

うまくなりたいなら、ただ練習あるのみだ

当サイト、管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA