JLPT文法解説:によって により による によっては N3

接続:N+によって によれば により による によっては

用法① 原因・理由

接続:N+によって により による

1.前件が原因で、後件という結果や状態になった

例文

事故によって5人がけがをした

台風による遅延で2万人が動けなかった

用法② 情報源・根拠

接続:N+によれば によると

1.X(情報)を受け、それを第三者に伝える際にXの後に置いて用いる

2.L47で学ぶ「そうだ」と共に出ているもので、文型として扱うものでもないし、Sにとっても悩むところではない。どのSも初級の段階でこれは使いこなせる

3.これのみ形が変化せず、「によると(よれば)」となる

例文

新聞によると、事故があったそうだ

彼の話によると、先生が結婚したらしい

用法③ する人(行為者)

接続:N+によって により による

1.何によってなされたかを表す。多く受身文で使われる

比較文型:「によって L37

ニヨッテは初級でも学ぶ(※みん日2版ではニヨッテは削除されている)

例文

電話はベルによって発明された

それは日本人による発明だ

用法④ それぞれ・~次第

接続:N+によって による によっては

1.各々違う。X次第で状況に違いが出る

一緒によく使う言葉

人による

例文

文化は国によって違う

言葉は国により色々な形がある

用法⑤ で・手段

接続:N+によって による

1.ある事をする時に用いる手段など。『個人的に』使う場合は×
 ×毎日自転車によって学校へ行く

例文

テストの結果によってクラスが決まる

日本は選挙によって首相を決める

N1et、管理人による日本語教師養成レッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA