JLPT文法解説:にわたって N3

用法

接続:にわたって にわたり にわたる にわたった N3

1.ある期間・空間の範囲で、後件である(広がっている・続いている)

比較文型:「を通して N3

比較文型:「にかけて N2

ニワタッテはカラと併用しない。することも稀にあり、その場合用法は「場所や期間の範囲を示す」が、やはり学生には教える必要はない
 ・この建物は二年間 〇に渡って ×にかけて 建設された

例文

一年間にわたる裁判は被告を衰弱させた

区内全域にわたって停電が続いている

その戦争は六年間にわたって続いた

日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA