JLPT文法解説:につれて N2

用法

接続:Vジ・N+につれて

1.前件の変化→後件の変化

2.「につれ」の形も

例文

梅雨になるにつれて、じめじめしてくる

街は寒くなるにつれて、だんだんとクリスマスムードに変わっていった

次第に変化する事を表す文型

とともに N2

にしたがって N3

につれて N2

にともなって N2

全文型に共通する事

1.前件の変化→後件の変化(とともにN2のみこれに当てはまらない場合がある)

2.次第に族で「にしたがって・につれて・にともなって」がほぼ同じで、JLPTでこの3つの違いを問う問題はない

と共に:「同時に」という意味もある

×Xに意志性の言葉 〇二方向変化
 ・二十歳になる×につれて ×に従って飲酒や喫煙が許される
 ・アメリカ人に日本語を教える△と共に 〇につれて、私の英語も上達していった

に従って:単に並行して起こっている事を表す。後件は変化による事態でもOK

〇Xに意志性の言葉 〇二方向変化
 ・声援が大きくなる〇につれて、アナウンサーの声も大きくなった
 ・子供の数が減る~、学校の数が減った
 (↑これは「従って」でもいいが、「つれて」で言うと客の声に引っ張られてアナウンサーの声も大きくなったという事を表せる)

につれて:前件を引き金に比例的に後件の変化・推移も程度を増す

×Xに意志性の言葉 ×二方向変化
 ・今後通勤客が増えるに×つれて 〇従って、電車の本数を増やしていこう
 ・売上高の増減につれて、その年のボーナスも変わってくる

に伴って:後件は変化のみ

〇二方向変化
 ・受注量×にともなって 〇従って、ボーナスが支払われる

それぞれの詳しい解説と例文

とともに N2」  「にしたがって N3

につれて N2」  「にともなって N2

日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA