JLPT文法解説:にとって N3

用法

接続:N+にとって 

1.主に人物を表すNに繋がり、その人の立場で考えるとどうなのかという事を表す

2.後件には評価、判断を表す文がくる

3.「は」の付いたニトッテハは、ある事柄を主題にしたり(取り上げたり)、対比的な意味合いを持たせたりする話し手の判断が入る
 ・あなたにとっては簡単かもしれないが、私にとっては難しいのだ(対比のハ)
 ・これはただの100円のペンかもしれないが、私にとっては祖父からもらった大切なものなんです(対比のハ)

4.「N+にとっては/も/にとっての」の形も

例文

出席率は学生にとって重要な事だ

家の犬は私達家族にとってペットではなく家族なのだ

これは私にとって忘れられない思い出だ

違い 「として N2」「にとって N3」

共通

共に立場、観点などを表す

違い

トシテはその立場、観点から、または資格として何をする/したかという行為を述べることが多い
ニトッテは「できる/できない」「難しい、深刻だ、大変だ、大切だ、ありがたい」などの評価を言う場合が多い
・川は昔の人×として 〇にとって必要不可欠なものだった
・これ捨ててもいい? 
 …ダメ。それは私×として 〇にとって大切な物なんだ

2つ共使えるが、違いがある文

・A人として/にとって大切な事は約束を守る事だ
・Bあの地震は日本人として/にとって忘れられない出来事だ
・C納税は国民として/にとっての義務だ
AとBのトシテは「人としてすべきだ」「忘れてはいけない」という意味が出る。ニトッテは単にそうである事を述べているだけ。Cも同様

注意

トシテとニトッテは助詞トと動詞スル、助詞ニと動詞トルが組み合わさってできたもの、複合格助詞(にかけて、について、にわたって、に関して、にもとづいて、にそって、によって)

日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA