未習語が使える条件は2つ

未習語とは、学生が”学校で”未だ習っていない語の事をいいます。

私は未習語の使用については一部賛成です。

なぜ未習語を禁止するのか

日本語教育機関、特に初級レベルではこの未習語の使用については消極的な姿勢が見られます。これはなぜなのか。教師でなくとも簡単に思いつきそうな理由ですが、「学生が習っていない語でつまづき授業中に学習項目に集中できないから」です。

確かに、未習語を出すとつまづきます。「★電気屋で新しいパソコンの所在を質問し、店員の返答を聞いて理解できる」というタスクを達成するために練習なり活動なりをしている時に、

「重量2キロ以内の仕様書付きで日本製のブルートゥース対応パソコンはどこですか」

などと教師が発話なり板書なりすれば、それはもう阿鼻叫喚でしょう。これは完全にアウトです。

未習語の使用条件

上の例は極端なものですが、未習語でも①画像で示せるもの、かつ②学生の興味を引く、ニーズに応える未習語ならむしろ積極的に使用するべきです。

「重量2キロ以内の仕様書付きで日本製のブルートゥース対応パソコンはどこですか」を画像で示すには、不可能ではありませんが、ナンセンスです。

★のタスク達成を目指す段階の学生(初級)ならば、「画面」「キーボード」という語は未習のはずです。しかし、どちらも①画像で一発で示すことができ、パソコンというほとんどの学生が持っているもので②学生の興味という条件もクリアしています。

未習語はその都度該当の画像を見せれば済む話です。
初級では使用頻度が高い具象語が多く提出されます。実際学習者は、教科書の実生活ではほぼ触れない語(「保証書」「葉」「山登り」など)よりも、こちらが提示する実生活でよく触れる未習語の方に関心を示します。初級の学生でこれを提出すると多くの学生がメモをするという語をいくつか紹介します。

  • 靴下
  • ハンガー
  • ティッシュ
  • レジ
  • レシート

へえ~そういう名前なのか~とうなずいています。毎日触れているものなのに名前を知らないのですから当然です。

日本語の言葉を日本語で説明するのは大変です。それが上手にできる先生はかっこいいとは思いますが、画像を見せれば一発で示せるものを説明しているのなら、それは貴重な授業時間の無駄です。

T:ジェットコースターって知ってる?
S:わかりません
T:あのー遊園地のって遊園地わからないか東京ディズニーランドとか知らないかな?遊びます大きい場所です乗り物ですわーーー楽しいです(ジェットコースターに乗っているG)
S:ああ、たぶんわかります

よりも

T:ジェットコースターって知ってる?これ(画像見せる)
S:わかります

一部賛成の理由

さて、話は最初に戻ります。なぜ一部賛成なのか。
それは、学生にとって何が未習語で、どの語なら学生がわかるのか、絵で示せるものは何なのか、が経験が浅い教師にはまだ取捨選択できないからです
未習語は画像で示せばいいとは言っても限界があります。1日に10も20も未習語を入れたり、具象語でも画像では説明が難しいものを無理矢理絵で説明しようとすれば学生の処理能力が妨げられます。

「取捨選択の判断が難しい」というのが、未習語絶対不使用主義者の主張だと思います。

結論

私のレッスンを受けている方に養成講座等を受けている方がたくさんいらっしゃるんですが、やはり皆さんこの未習語について悩んでいます。養成講座の講師の方に

未習語使うな!

ときつく言われるそうです。私はその話を聞くたびに「そんなに厳しく禁止しなくてもいいのに」と思うのです。学生のことを考えてそう注意しているのでしょうが、ガッチガチに未習語禁止を徹底させるから教師が教案を見ながら授業をしてしまうのです。
と思う反面、仕方ないか、とも思うのです。

長くなりましたが、まとめると、新人の方は未習語の取捨選択がまだできないので、しばらくは控えた方がいい、という結論に至ります。

当サイト、管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA