名詞修飾節内の主語に付く「の・が」の使い分け

L22名詞修飾

これはミラーさんが作ったケーキです。/これはミラーさんの作ったケーキです。というように、「の」で言い変え可能な場合と言い変えが難しい場合がある

ちがい①

名詞修飾節内が長いものほどノが使いにくい
△私の 昨日新宿で新しくできたばかりのおしゃれな若者向けの
店で買った服 はとても可愛い

ちがい②

主語の所有物じゃないものはノ使いにくい 許容度で昇順↓
○彼が私に書いた地図
×彼の私に書いた地図
(↑地図はもう私のものだから不自然)
○彼が私にくれた時計
×彼の私にくれた時計
(↑もう彼の物じゃないからノは不自然だが、元々は彼の物だから一応可)

○彼が連れて来た人
△彼の連れて来た人
(↑連れて来た人は彼の所有物ではない)

○彼がいつも行く喫茶店
△彼のいつも行く喫茶店
(↑少し変?彼のお気に入りであるから、気持ちの所有物として○)

○先生が借りた本
△先生の借りた本
(↑先生が借りた=先生の物じゃない=ノ使いにくい)

○田中さんが旅行した所はイタリアです
△田中さんの旅行した所はイタリアです
(↑イタリア=×個人の所有物)

ようは、「彼の私に書いた地図」「彼の私にくれた時計」だと誰のものか判然としない、ということである。

ちがい③

従属節の内と外の関係 ガとノで意味が違う文
彼が料理を作る音がする 作っているのは彼
彼の料理を作る音がする 作っているのは誰?

参.「は」「が」違い-5つの用法まとめ

当サイト、管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA