JLPT文法解説:まみれ N1

用法

接続:N+まみれ

1.液体や細かいもので隙間なく埋め尽くされている様子に使う

2.たくさんあ(い)る物に使うというわけではない。人や物では隙間ができるので不可

3.汚いもの、良くない事に使う事が多い

4.「液体」にはほとんど使うことができるが、「良くない事」は使える言葉が限られる

比較文型:「だらけ N3」

ダラケもNがたくさんある様子を表すが、マミレは一面、隙間なくというニュアンスが強く出る
 ・車の修理で体中油~だ
 (↑この文ではどちらでも可だが、マミレだと体の表面全てが油だ、という感じが出るので、ダラケの方がいい)
 ・雨の中、泥~になってサッカーをした
 (↑これもどちらかというとダラケの方が適切。マミレを使うと、体が茶色になっている様子が浮かぶ)

 ①使用範囲:普通
 ②マイナスの事に使う事がほとんどなので、ダラケと言い換えできる文では、ダラケよりも話者のマイナスの気持ちがさらに強く出る
 ③人:× 抽象的;〇 具象物:〇 液体:◎

例文

車の修理で体中油まみれだ

泥まみれの服

もりもり族

まみれ N1

だらけ N3

ずくめ N1

ばかり N4

三昧 N0

共通

Nがたくさんある/いる

それぞれの違い

まみれ
 ①使用範囲:普通
 ②マイナスの事に使う事がほとんどなので、ダラケと言い換えできる文では、ダラケよりも話者のマイナスの気持ちがさらに強く出る
 ③人:× 抽象的;〇 具象物:〇 液体:◎
だらけ
 ①使用範囲:広い
 ②プラス・マイナス両方の事に使えるが、マイナスの印象が強い
 ③人:〇 抽象的:〇 具象物:〇 液体:ものによる
ずくめ/し
 ①使用範囲:狭い
 ②プラス・マイナス両方の事に使う
 ③人:× 抽象的;〇 具象物:〇 液体:× ※色:〇

何に対して使えるのか

※文頭にある-は悪い意味の文、+はいい意味の文
具象物
 -ごみ 〇だらけ ×ずくめ △まみれ
 -書類  〇だらけ ×ずくめ 〇まみれ の机
 -ほこり 〇だらけ ×ずくめ 〇まみれ

  男 〇だらけ ×ずくめ ×まみれ のクラス
 -祭りは人 〇だらけ ×ずくめ ×まみれ で歩きにくかった
液体
  涙 〇だらけ ×ずくめ ◎まみれ の顔
 -車の修理で体中油 〇だらけ ×ずくめ ◎まみれ だ
抽象物
 -借金 〇だらけ ×ずくめ ◎まみれ 
 -彼は働き ×だらけ 〇ずくめ ×まみれ 、で休みがないらしい

  黒 ×だらけ 〇ずくめ ×まみれ の男

1.マミレは小さい物に使うため「埃だらけ」は埃が大き目、「埃まみれ」は埃が小さ目になる。ごみはある程度質量のあるものなので、マミレは△、ダラケの方が〇となる

それぞれの詳しい解説と例文

まみれ N1」 「だらけ N3」 「ずくめ N1」 「ばかり N4」 「三昧 N0

N1et、管理人による日本語教師養成レッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA