9課教案 ある(所有)・から(理由) 好き・上手 わかります

教師用メモ

  1. 授業前に
    絵が上手な人を探しておく(A-2) 財布は小銭だけにしておく(A-4)
  2. この9課の「~から」が入る事で、これからの配布物・テストの問題、授業中のキューなど(後件作成など)が出しやすくなる
  3. 形容詞は8課でやっているのに、なぜこの9課と8課で分けられているのか。それはこれまでの形容詞とは助詞が違うからである。
    富士山は有名です
    これはおいしいです
    とこれまでハできたのに、ここでガをつかって、形容詞を使うことになる

教案

~が好きです

ドラえもんの絵を書いて、上手下手を導入→好きです、に繋げる


導入・練習

★PCお酒を飲む★PCテニス★PCワンピース
◆毎日、またはよくする事の例を挙げ、好きという概念を教授
T:昨日私は友達とお酒を飲みました。今日も飲みます。明日も飲みます。毎日飲みます。
私はお酒が好きです。

板書
わたしは お酒 が好きです

T:私は先週の日曜日友達とテニスをしました。来週の日曜日もします。私はテニス・・・?
S:が好きです

板書
わたしは テニス が好きです
(他にも漫画のワンピースなどの絵を見せて、好きである事を言う)

★PC肉・魚L6★PC映画L6★PC写真L6★PC旅行L7★PC車L8★PC桜L8★PC仕事L8★PC音楽L9★PC絵L9★PCカラオケL9★PCスポーツ・野球・サッカーL9

◆PCを見せ「私は~が好きです」の形を次々言わせる
T:これは何ですか
S:映画です
T:私は・・・?
S:私は映画が好きです
(全体リピート→個別に言わせる)

※教科書では「<人>が好きです」の形は扱っていないが、少し紹介する
T:(↑の練習の最後にTを指さし)カキアゲ?
S:カキアゲ先生が好きです
T:ありがとうございます。(S1を指し)誰ですか
S:S1さんが好きです

◆「Na否定形」を状況を与え、導入
T:(疲れた表情で)私は旅行が好きじゃありません。写真を撮ります。荷物です。飛行機(空港で迷うG)。(お土産をどれにするか迷うG)お土産を買います。はあ

板書

わたしは 旅行 が好きじゃありません

◆肯定形と同じようにPCを見せ、否定形を言わせる
T:これは?
S:車です
T:私は・・・?
S:私は車が好きじゃありません
(全体リピート→個別に言わせる)

※「嫌いです」は強いため、「好きじゃありません」を教える。「嫌い」を使うSがいれば 強い印象を相手に与える事を伝え、嫌いと言っても不自然でないような、嫌悪を示してもいい対象を扱う(※人に使うと特にきつい)
T1:(たばこを吸うG)
T2:ごほごほ、(煙を払うG、嫌な顔しながら)私はたばこが嫌いです

T:今日の宿題はこれとこれとこれと・・・
S:宿題が嫌いです

◆「Na疑問形」導入
T:皆さんは★寿司は食べましたか
S:はい/いいえ
T:私は寿司が好きです。S1さんは食べましたか
S1:はい。
T:S1さんは寿司が好き・で・す・か

板書 すし が好きですか

S1:好きです/好きじゃありません/嫌いです

◆QAでPCを使い疑問形を言わせる。まずはTS、それからSSで
T:S1さん(活発そうな子)、(PCスポーツを見せる)スポーツが好きですか
S1:はい、好きです
T:S1さん、S2さん(おとなしそうな子)にPCスポーツを見せる)
S1:S2さん、スポーツが好きですか
S2:いいえ、好きじゃありません

TS→SSでQA。教科書は「ええ、好きです」だけの練習なので、「いいえ、好きじゃありません」の場合もやらせてみる
T:S1さんは寿司は好きですか
S1:いいえ、好きじゃありません
T:じゃ、韓国料理は好きですか
S1:ええ、好きです
T:じゃ、日曜日いっしょに食べませんか
S1:いいですね

どんな~が好きですか

※答え方は「形容詞を用いた」ものと「具体的な名詞」と2通りがある


導入・練習

★PC町L8★PC新しい★PC古い★PC大きい★PC冷たい・熱いなどL8のPC

◆最初に上位語と下位語を教え、「どんなNが好きですか」に正しく答えられるように
T:飲み物。どんな飲み物?(PC冷たいを見せる)冷たい飲み物。ジュース。コーラ。
熱い飲み物。コーヒー。お茶。中国の飲み物
食べ物。どんな食べ物?(PC冷たいを見せる)冷たい食べ物。~。~。
熱い食べ物。~。~。
T:S1さんはスポーツが好きですか
S1:はい、好きです
T:野球が好きですか。テニスが好きですか。サッカーが好きですか。(たくさん聞いて疲れたと言う表情)はあはあ。S1さんはど・ん・なスポーツが好きですか。便利ですね
S1:私は野球が好きです

板書

どんなスポーツが好きですか
野球が好きです

◆「どんな~か」に対する答え方は、つまったり、変な日本語 (おもしろい映画が好きです)を言うSが多いので、答えに迷っている時はTがPCを見せて導く
T:これは何ですか(PC町を見せる)
(S1にTに質問するよう促す)
S1:先生はどんな町が好きですか
T:私は静かな町が好きです。東京は好きじゃありません。(板書のスポーツの上にPC町を重ね、S2に質問するよう促す)S2さん、S3さんに
S2:S3さんはどんな町が好きですか
S3:私はにぎやかな町が好きです

キュー:どんな+カメラ、車、食べ物

◆SSでQA 「どんな~か」に対する答えは具体的な名詞でも可
T:S1、S2さんに、どんな・・・?(PC映画を見せる)
S1:S2さんはどんな映画が好きですか
S2:(PC新しい/古いを見せる)新しい/古い映画が好きです

Qどんな食べ物が好きですか A魚/肉/日本料理/熱い/冷たいが好きです
Qどんな音楽が好きですか A新しい/古い/静かな/楽しい音楽が好きです
Qどんな人が好きですか Aハンサムな/きれいな/静かな/元気な/おもしろい/大きい人が好きです

~が上手です

①ミッキーとドラえもん、どちらを知っているか授業前に聞いておく
②授業前に絵心のある子を見つけておく
絵が 歌が 日本語が


導入・練習

★PCミッキーマウス★PCドラえもん

◆絵を描き、「上手」「下手」の概念を教授
(ミッキーマウスかドラえもんの絵を描く(Tは絵心がない)。Sが時間をかけ過ぎて書くことがあるので、時間を20秒と定め書かせる)
T:私は絵が下手です
(ミッキーマウスを見せ、どれだけ下手かを見せる)
T:S1さん(絵がうまい子)、来てください。ここに書いてください
(WBの真ん中にミッキーを貼り付け、TとSで同時に絵を見ながら描く)
T:うわー、素晴らしいです。S1さんはとても絵が・・・?
S:絵が上手です

板書
Aわたしは絵 が 上手です
Bわたしは絵 が 下手です
(BをまずTが一人で言う。その後絵を描いたSにAを一人で言わせる→全体リピート)

◆料理をするGをし、下手である事を示す
T:(包丁で手を切るG)いた、いたいいたい。(フライパンを返し、材料が顔に乗っかるG)あ、熱い熱い!(首を振って)私は・・・?
S:料理が下手です

板書
わたしは料理 が 下手です

◆否定形→疑問形を入れる
T:私は絵が、上手・・・?
S:です
T:え?(もう一度絵をWBにサッと書く)
S:絵が上手じゃありません
T:そうです。(もう一度料理が下手なG)私は?
S:料理が下手です
T:私は料理が上手・・・?
S:料理が上手じゃありません

板書
わたしは絵 が 上手じゃありません
料理
※「下手じゃありません」は不自然なので教えない。テキストにも出ていない

◆※相手に「~が上手ですか」と言うのは失礼、という事を一人二役で示す
T:私は料理が上手じゃありません。S1さんは?S1さんは・・・?(?を見せる)
S:料理が上手ですか
T:そうですね、料理が上手ですか。でも、
・・・
T1:私はけいこです。こうたさんは料理が上手ですか(ふんぞり返って偉そうに、料理をするGを見せながら言う)
T2:いいえ、上手じゃありません
T1:ええ、上手じゃありませんか。私は上手です
T2:そ、そうですか(悲しい顔)
T:~さんは~が上手ですか、は失礼です。悪いです。言いません

~がわかります


導入・練習

★簡単な日本語・ドイツ語・ベトナム・韓国・英語の文が書かれた文
◆完璧に分かる物と全然わからない物を見せ、「わかる」の概念を教授
T:皆さん見てください。(簡単な日本語の文が書かれた文を見せる)。読んでください。
S:私は明日池袋へ行きます
T:はい。皆さんは日本語がわかります。(ドイツ語が書かれた文を見せる)読んでください
S:ええ、それは何ですか
T:これはドイツ語です。読んでください
S:わかりません
T:私は・・・?
S:私はドイツ語・・・
T:私はドイツ語がわかりません

板書
わたしは 日本語  が わかります
わたしは ドイツ語 が わかりません
(言語のところを他の言葉に変えて肯定否定を全体リピート→個別に言わせる)

◆それぞれの言葉を見せて、知っている人がいれば「~がわかります」を言わせる。いなければ「~がわかりません」
※例えば中国人に「中国語がわかります」とは言わせない
T:じゃこれは?
S:わかりません
韓S:それは韓国語です。
T:S1さん(非韓国)、(?を見せて)

板書
韓国語がわかりますか

S1私は韓国語がわかりません
(他の言葉もわかるかSSでQAをさせる。途中で「少し/だいたい」わかるというSがいるかもしれない。いたらそのままきれいに次の程度の副詞に移行できる)
程度の副詞 よく だいたい すこし あまり

◆程度の副詞を正しく使えるようにする

板書
あした コーヒー 床

T:これは何ですか
S:あした
T:そうです。これはあした。ひらがなですね。(他にもひらがなで言葉を書いていき、読ませていく)わたしはひらがな・・・?
S: わたしはひらがながわかります

板書
わたしはひらがながよくわかります

T:これは?
S:カタカナ/コーヒーです。
(Sを三人WBでディクテやらせる。簡単な物→難しい物と書かせていく)
T:カタカナがわかります?わかりません?
S:・・・
T:(コーヒーを指す)これは易しいです。これは?(ディズニーランドを指す)
S:難しいです
T:皆さんはカタカナがだ・い・た・いわかります

板書
わたしはカタカナが だいたい わかります
(ここで先程の「~がわかります」で母国語以外がわかると言っていたSにどれくらいできるか尋ねてもいい)

(同様にして「床」など国字でもわかるか聞く。全Sわからないが、他の漢字はわかることを書いて示す)
T:床はわかりません。でも、「明日」「食べます」これは?
S:わかります
T:わたしは?
S:わたしは漢字が「~」わかります
(国籍によって、全然と答えるから、その学生には「~」を全然で言わせる)

板書
わたしは漢字が全然わかりません

私はNがあります

1.①物理的な物+があります ②抽象的な物+があります

2.△暇ですか ○時間がありますか


導入・練習

★おもちゃの札束★PCパソコン・自転車★宿題・携帯電話・カメラ・傘・えんぴつ・たばこ・消しゴム(レアリア)
◆一度ここで助詞ガを使うものを復習した後、これから勉強するものも同じだと教える

板書
~が好きです/嫌いです
~が上手です/下手です
~がわかります

◆手で持てる物を最初に示し、「があります」を理解した後で、持てない大きい物にも使える事を示す

T:(おもちゃの札束を見せて)私はお金があります

板書
わたしはお金があります

T:(空の財布を見せる)私はお金が?
S:ありません

板書
わたしはお金がありません

T:今日は何で来ましたか皆さん
S:電車で来ました
T:電車ですか。大変ですね。私は車で来ました

板書
わたしは車があります
(自転車で来たというSがいればそれも言わせる)

◆QAで練習する。この時疑問形を教える
T:(?と電話を見せて)質問は?
S:電話がありますか

板書
~さんは電話がありますか


1.名詞をパソコン・宿題・携帯電話・カメラ・傘・えんぴつ・たばこ・自転車・
消しゴムに変えて全体リピート→個別に言わせる
2.QAでSSで練習(※人によって所有数が異なる物をキューにし、副詞を使わせる)
※この練習では「たくさん」「あまり」を使わせる。
S1:S2さんは(Tが時計を指して「時間」と言い、FC土曜日を見せる)時間がありますか
S2:あります
T:あまり
S2:あまりありません

程度:よく・だいたい・少し・あまり・全然+分かります/ません
量:少し・あまり・全然+あります/ません

※動詞と使うと頻度になる(L9では扱ってない)
★カレンダーを使って
よく・だいたい・あまり・全然 食べます/ません

★PC映画のチケット
◆TSで誘い、「②抽象的なもの+があります」を入れる
T:S1さん、明日ご飯を食べませんか
S1:すみません。友達に会います

板書
S1さんは 約束があります

T:S2さん、質問をお願いします(映画のチケットを見せる)
S2:先生、いっしょに映画を観ませんか
T:すみません、今晩は働きます。それから彼女に会います。今晩は用事があります

板書
先生は 用事があります

T:S3さん、今晩暇ですか
S3:ええ、暇です

板書
S3さんは 時間があります

(S3にTに?を見せ、質問するよう促す)
T:いいえ、暇じゃありません。忙しいです。働きます。先生は?
S:先生は時間がありません

板書
忙しいです = 時間がありません
ひまです = 時間があります
(「仕事があります」も同様に教授)

T:暇ですか、は少し失礼です、言いません。時間がありますか、言います

~から、~

※カラの前は現在形の肯定と否定のみを扱う
1.カラの接続について
教科書で扱う:Vます+から・Vません+から・形容詞+から


導入・練習

★新聞★形容詞FC★動詞FC★名詞FC★LC曜日(板書時間短縮)
◆例えば「日本が好きですから、日本へ来ました」という答えに対する質問は「どうして来ましたか」で、何か強い目的などがある場合は「どうして」を導入するまで言わず、「日常やっている事・普段とは違う事をなぜ今日するのか」を聞く。そしてそれを「~から」で表す
T:皆さん毎日学校へ来ますか
S:はい、来ます
T:土曜日と日曜日も来ますか
S:いいえ
T:次の土曜日皆さん学校へ来ますか
S:ああ、はい、来ます
T:ええ、土曜日、学校へ来ますか
S:はい、パーティーです
T:パーティーです。学校へ来ます

板書
パーティーです から、学校へ来ます

◆ガ導入
T:パソコンは高いです。皆さんはパソコンがありますか
S:はい、あります
T:ええ、パソコン高いですよ。買いましたか
S:はい、買いました。パソコンは便利ですから
T:私はお金がありません。パソコンがありません

板書
パソコンは便利ですから、買いました
パソコンは高いですから、買いません

T:私はお酒が好きです。毎晩飲みます。S1さんは?
S1:私は18歳ですから、飲みません
T:そうですか。お酒はとてもおいしいです。でも私はお金がありません。好きです。お金ありません。とても好きです。お金がありませんから、飲みません?いいえ、毎日飲みます!

T:お酒は高いです。お酒を買いますから、パソコンを買いません

T:じゃ、皆さんは車がありますか
S:いいえ
T:ええ、ありませんか。
S:車は高いですから、買いません
T:車はとても便利です。私は電車が嫌いです(満員電車の中にいるG)。車は高いですが、買いました

◆導入2→は学生が週末皆勉強していないと答えた場合にだけやる。
T:皆さんは毎日勉強しますか
S:はい、します
T:土曜日と日曜日も勉強しますか
S:いいえ、しません
T:来週の月曜日はテストです。9時からテストです!
S:ええ
T:S1さん、日曜日勉強しますか
S1:はい、します・・・
T:月曜日はテストです。日曜日勉強します

板書
テストです から、勉強します

板書
~いですから、~
~ですから、~
~ますから、~
(それぞれ板書しながら前の品詞をSに挙げさせながら確認していく。板書が終わったらFCで口慣らし)

T:皆さん、これは何ですか
S:新聞です
T:新聞、読みますか
S:いいえ、読みません

板書
日本語がわかりませんから、日本語の新聞を読みません
漢字は難しいですから、
(同じようにテレビを見るか聞く)

板書
~くないですから、~
~じゃありませんから、~
~ませんから、~

◆他にも、Tが様々な形容詞や動詞をGで示し、Sに「~から」を言わせてもいい

◆LCを見せながら、後件を作成。WBに貼るか、口頭練習にするかはクラスの状況で

◆後件作成。スラスラ言えるようだったら後件を書き、前件を考えさせる
1.時間に関わらずまずは口頭で練習
T:私はいつも10時に帰ります。でも今日は1時に帰ります。
今日は彼女の誕生日です。早く帰ります。~から?
S: 彼女の誕生日ですから、早く帰ります

板書
日本語がわかりません から、テレビ
パソコンは高いです から、
テレビは好きじゃありません から、本/テレビ
わたしはお酒が好きですから、
明日は土曜日ですから、

ここで一度ドウシテを練習しておく
◆様々なPCを見せて、好きか嫌いか言わせた後、どうしてそれが好き嫌いなのかを問う
T:(日本のPCを見せながら)日本が好きですか
S:はい、好きです
T:どうして日本が好きですか
S:女の人がきれいですから!

好きな事ができない理由を逆接を使って話す
1.Tがキューを出し、そのキューを話題にしてSSで会話させる
T:S1さんはAさんです。S2さんはBさん。フランス料理
S1:S2さんはフランス料理が好きですか
S2:ええ、好きですか・・・、あまり食べません。高いですから。

キュー:韓国料理・本・車・ゲーム

板書↓ A=T B=S
A:映画のチケットをもらいました。一緒に行きませんか
B:ええ、行きましょう
T:(FCいつを見せる)
B:いつ行きますか
A:そうですね。じゃ次の土曜日行きましょう
B:どこへ行きますか
A:えーと、新宿です
S:・・・
T:言います。次の土曜日、新宿ですね。どうぞ
B:次の土曜日、新宿ですね
A:はい。じゃまた明日
B:はい。また明日

新出語

  1. 彼(かれ)は( 1とても 2よく 3たくさん )本を読(よ)みます。
    という問題は下クラスには出さないように。ヨクがヨミマスに係れば○、タクサンが本に係れば○で、ややこしい
  2. よく:「よく~ます」で頻度を表すが(よく読みます)、ここでは程度を表すヨクの用法を扱う
    「よくあそこへ行きます」頻度の用法。テキストL9時点では未提出
    「よく寝ました」程度。テキスト提出

授業記録

わかります・わかりました

Tが言った事に対して、「はい、わかります」と現在形で言う学生が非常に多い。
T:~です。皆さん注意してください
S:はい、×わかります 〇わかりました
9課で扱うワカリマスは「その知識がある」、「相手の発言を理解した」場合はワカリマシタとなる

中国人に「私は中国語が上手です」と言わせてはいけない

やってしまいがちだが、これは獲得したスキルではないから×。同じ理由で、私達が「私は日本語が上手です」とも言えない。「教えるのが上手です」ならOK。

当サイト、管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA