5課教案 へ移動動詞 疑問詞オンパレード 乗り物で 人と どこも

教師用メモ

1.L4と別にされているのは、助詞の違いによる。ここでは助詞ヲとヘの違いに留意させること、物は何、人は誰、など疑問詞の違いに留意させることを怠らないように

2.方向は「へ」目的地は「に」。みん日の最初の方では「に」は扱われない。L28で「Pに行く」解禁

3.動詞の活用練習で、「今日」はマスとマシタの2つがあるので、キューに出さない

4.この課は助詞について詳しくやっていくが、助詞の使い方・用法、説明の仕方などを画像でわかりやすく説明したページを作ったので、見ておくことをおすすめする。画像はそのまま授業で使えるので、是非活用してほしい。

初級(しょきゅう)の9つの助詞(じょし)の用法と使い方 練習問題つき

教案

私は<場所>へ行きます

「どこへも行きません」という言い方もあるが、5課では扱わない


導入・練習

◆イキマスの意味はわかると思うが、一応概念理解
T:ゴホゴホッ、あー風邪です・・・明日私は病院へ行きます

◆【場所+へ+行きます】の単純な練習

◆時計の針を授業終了時間に合わせて、今日どこへ行くか尋ねる
T:~時です。終わりました。家へ帰ります。皆さん、銀行へ行きますか。デパートへ行きますか。銀行、デパート、美術館、(板書の<場所>の所に?を置き)わかりません。どこ

板書
どこ へ行きますか
~へ行きます
(ません・ませんでした、は時間もかかるので板書は省く)

◆QA。【Q時間+どこ → A場所+へ+行きます/ました】

◆TSでQAを一度見せ、SSで言わせる
1.「今日、昨日どこへ行きますか/ましたか」とTがS1に質問後、S1からTに質問
2.S1にS2に質問するよう促し、S3→S4とネットワークを繰り返す
※途中で「どこも行かない」と言いたそうな学生がいたら(いなかったらS→Tで質問させTが言う)、「どこも」を教授

板書
どこも行きません/ませんでした

◆駅での会話。
Aこの電車は甲子園へ行きますか Bいいえ、行きません。次の「普通」ですよ A「普通」ですね。ありがとうございます

関連
場所PCを使った”教師が喋らない”授業の展開方法があります。5課の移動動詞もあるので是非ご覧ください。

見せるだけ!場所PCは無限例文製造機

で行きます 手段・方法の「で」

1.「なにで」「なんで」二つあるが、「なんで」を使う

2.作る文が長いので、使う言葉をPC、FCを使ってリピートしておく事、そして文は分解
して組み立てていく事

3.「行きます」の前はこれまで「へ」だったが、ここでは「で」になる事にも言及する


導入・練習

◆Tが地元に帰る状況。徐々に文長くする
T:私は明日(Tの地元)へ帰ります。「Tの地元」とWBの端に板書。歩くG。疲れるGをして、首を振る)飛行機で帰ります。わたしは飛行機で(Tの地元)へ帰ります

板書
飛行機 で 帰ります

板書
わたしは飛行機 で 帰ります
(↑「わたしは」を様々な人物PCに変えてリピート)

板書
わたしは飛行機 で (Tの地元)へ帰ります

◆絵を見て全体で例)~4)を言わせる→個別に当てる

<人>と行きます

1.「行きます」の前はこれまで「へ・で」だったが、ここでは「と」になる事に言及する

2.下の板書は、下クラスなら時間は省いて、「人と」「場所へ」だけにする


導入・練習

◆(Tの地元)へ帰ることをもう一度話題にし、誰かと行くことを教える
T:私は明日(Tの地元)へ帰ります。(Tの隣に人物PCを持ってくる)。こうたさんです

◆TSで一回、STで一回、SS(PWではない)で場所を変えながらQA
T:S1さん、明日どこへ行きますか
S1:~へ行きます
T:誰と行きますか
S1:S2さんと行きます

↑の練習で「一人で」を使いたいSが出るまでQAを繰り返し「一人で」を入れる
T:S1さんは美術館へ行きます。けいこさんと?いいえ、けいこさんと行きません。先生と?いいえ、先生と行きません。一人で行きます

板書
一人 で 行きます


※C-1に入る前に、「行きます」の前の助詞を正しく変えられるか助詞の前の言葉を<人>や<場所>、乗り物に変えて練習


A明日東京へ行きます B何で行きますか A新幹線で行きます B一人で行きますか Aいいえ、会社の人と行きます

~月~日に行きます

1.L4でも時制を入れた文「私は毎朝6時に起きます」をやった。明日や来週もやった。しかし、「~月~日に」は実はまだ。ここでは日付を入れた練習と、「~時に」の復習もかねて、【数詞+に】を入れる

2.「行きます」は前に来る言葉が時間か場所で助詞が変わるので、そこを強調しながら教授する


導入・練習

◆QA 【数詞+に】【非数詞+×】混交練習
◆QA Qいつ国へ帰りますか A来週帰ります

Aお国はどちらですか Bアメリカです Aいつ日本へ来ましたか。 B去年の9月に来ました

時を尋ねるのには何時、何曜日、何月何日など、「何」を用いた疑問詞のほかに、
「いつ」が用いられる

誕生日は~月~日です


授業記録

「行きます」「来ます」

難しいらしい。なぜ学生がこれにつまずくのかわからないが、とにかくこれを正しく使える学生はいつまで経ってもなかなか現れない。
いわゆる「ダイクシス」というものである。

「行く」「来る」などの移動動詞は、話者から遠ざかる場合はイクで、近づく場合はクルなので、視点をどこに置くかで決まるもの。
同様に学生がつまずくのは「貸す」「借りる」。これはL14の授業記録を参照

この視点の違いは彼らの国にはないのだろうか・・・相当する言葉はあると言っているのに、間違う。

なんで・なにで

ナンデにはドウシテの意味もある。ナニデで教えた場合疑問詞『何』の音変化の統一をはかるルールが崩れてしまうので、ナンで教授(実際にナンも使われている)。上クラスならばドウシテはまだ未習だがドウシテの意味もあると教えてもいいだろう。

プリント

時間を表す言葉のまとめプリント

日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA