37課教案 「受身動詞」 直接/間接受身 ヴォイス

教師用メモ

受身の実用性

この受身の形は中級で大変多く使われる。なぜなら、日本語には主語を言わずに文を作ることが多く、その際この受身の文が使われるからだ。

使役受身

使役受身(N4)はみん日初級では扱っていない。形が複雑で、時々学生から「使役と使役受身の違いは何ですか」と聞かれるので、こちらで形や用法の違いを確認しておくこと。

呼び方について

可能動詞と受身/尊敬動詞、使役(受身)動詞は「可能形」「受身形」「使役形」などとは正確には呼ばない。これらは上位語。例えば。可能動詞のて形は「食べられて」、受身動詞の条件形は「食べられれば」という風に呼ぶ。だから、「可能形のて形は食べられて」という言い方はしない。しかし、そこまで厳密にしている先生も少ないので、「可能動詞」と言わず、「可能形」と言っても構わないし、統一が面倒なら「かのう」「うけみ」「しえき」などと濁らせて呼べばいい。

受身動詞の作り方

可能、受身、尊敬は一部同形で、混乱しやすい。さらに、ら抜きも実社会で多く聞かれ、学生からも
S:日本人は「着れます」と言います。でも学校で「着られます」勉強します。どっちがいいですか
と聞かれることもあるので、以下の記事で予習しておくことを強くすすめる。

ら抜き言葉の見分け方と歴史、合理性について

教案

私は<人>に受身動詞 N4 【直接受身】
私は<人>にNを受身動詞

- 教える際の留意点-

1.母が私に行った行為を、その行為を受けた側(私)の立場から表現する

2.受身動詞を用いた受身文の主題は人であり、動作主は助詞「に」をつけて示す

3.「聞かれます」「頼まれます」などは受身動詞であること、受身動詞は2グループ動詞で活用する事、受身文は行為を受ける側(私を・私に)から見た物事の叙述描写であることを説明

4.「私は」に限定して練習すること

5.難しいのは、使う動詞を限定してやらないといけないこと。単に【は目的語に人を取るもの】でやればいいと言うわけではない。
例えば「私は友達に相談されました」という文、これは目的語に人をとる受身文だが、能動文は「友達は私に相談しました」と行為の受け手(私)に付く助詞がヲでなく、ニである
つまり能動文も受身文も助詞がニで混乱を起こすので、こういう動詞は省く。さらに使える動詞が少なくなってしまうが、動詞は限定しておく

6.迷惑の意味が出ない動詞で授業を行う
動詞(褒める・しかる・起こす・見る・誘う・招待する)
動詞(質問する・聞く・頼む・注意する・紹介する・言う・申し込む・知らせる)
「電話する」は授業で扱わない
「私は母に電話されました」はあまり聞かないし、「人にNを電話する」とは言わないため使えない
「教える」は授業で扱わない
「先生に日本語を教えられた」は教える行為はありがたい事であり、普通は教えてくれた/もらった、となる

7.導入時の失敗談
「人は 人を 褒めました」という形がメインの形だが、最後に
「①人は ②人を ③Nに ④誘う」
の形がある。助詞が一つ増えるのだ。これを4つに分解して教えたため、Sに混乱が生じた。分解するなら【①人は ②人を ③Nに誘う】と3つに分解し、助詞ニを取る動詞は何でもいいと教授
つまり、前の部分「人は人を」のところだけに着目させ、パーティーのところには重点を置かない

板書

◆導入 ①S1の字のうまさを褒める

T:S1さんは字がきれいですね
S1:ありがとうございます
T:私S1さん褒めました。私、先生は褒めました。じゃ、S1さんは?
S1:私は先生を褒められました
T:先生褒められました(リピート)

ヴォイスを示す画像

上の画像のようなものを見せる。上の画像をそのまま使ってもいいが、使う際は「行為者」と「発話者」の部分を消すように。学習者は見なくてもいい部分。

他、使えそうな状況
②私語をしているS1を叱る➔叱られる
③寝ているS1を起こす➔起こされる
➃S1に仕事を頼む➔頼まれる

◆ここでは使える動詞が少なく、おもしろくない。おもしろくないついでに徹底的に活用練習、次以降に備える

◆受動文の単純変換練習  行為が及ぶのはワタシのみ
私は先生に褒められました

LCで文尾をいろいろなパターンで練習してみる&他の余計な成分も文に入れ込んで練習

◆疑問詞「いつ」や「どこ」を用いた会話練習を行う
A:何かいいことがあったんですか
B:ええ。鈴木さんにデートに誘われたんです
A:よかったですね。いつですか
B:明後日です
A:~

私は<人>にNを受身動詞  【迷惑/所有物の受身】

- 教える際の留意点-

1.人2が人1の所有物などに対してある行為をし、その行為を人1が多くの場合迷惑に感じている事を表す

2.難しいが、日本人はあまり能動文で言わない、と受身を勉強する意義をしっかり教授
△泥棒は私の財布を盗りました
◎私は泥棒に財布を盗られました

3.「私は」に限定して練習すること
参.L24テモラウ
間接/迷惑/所有物の受身と言い方がたくさんあるが、ここでは間接の迷惑はしない。以下教科書非扱の例文
雨に降られた・昔の彼女に結婚された・子どもに死なれた
「荷物を間違われた」はある。つまり、実体がないものはL37では非扱

板書

導入・練習 ◆テモラウと比較しながら導入

T:私は弟と兄がいます
S:そうですか。おいくつですか
T:~歳です。兄は嫌いですが、弟は好きです
S:ええ、どうしてですか
T:これを見てください(壊れたカメラの写真を見せる)
S:うわあ
T:兄が壊しました・・・
T:「兄は私のカメラを壊しました」は日本語であまり言いません。

◆【迷惑only】
「誰/何かが部屋に入りました」→「誰/何かに部屋に入られました」
※「誰か」「何か」が少し難しいので、LC機械練習後にやる

◆A旅行はどうでしたか B楽しかったけど、大変でした A何かあったんですか Bええ。空港で荷物を間違えられたんです Aそれは大変でしたね

◆「てもらう」との比較

T:でも、カメラは弟が直しました。私は嬉しいです。嬉しい時はよく何と言いますか
S:ありがとう
T:そうね。でもそうじゃなくて、「直し・・・?」
S:直してもらいました

◆LCを見て、感謝ならテモラウ、迷惑ならラレルの変換練習

<物/こと>が~(ら)れます

- 教える際の留意点-

1.発明した人や建てた人は重要ではなく、事柄や事実が大事である事を受身で表す。また、人が複数いる場合なども特定できないのでこれを使う

2.しかし、発明・発見した人が一人という場合もある。その場合は「によって」を使うが、2版ではニヨッテは扱わない

3.できるだけおもしろく、ポップなPCなどを使用し盛り上げる

4.37課までの使用可語彙:
られた:建てる・行う・壊す・造る・開く・選ぶ・翻訳する(言葉に)(小説を)・発明する・発見する

T:皆さん、ここを知っていますか(〈地元のランドマーク〉の写真を見せる)
S:ああ、日本自然公園です!
T:いつもサッカーをしますね。学校の近くにあります。ここは誰が作りましたか
S:わかりません。誰ですか
T:わかりません
S:ええ
T:誰が作りましたか、わかりません。作りました、作られました。受身を使います

T:じゃいつ作りましたか
S:わかりません。いつですか
T:1960年です。時間は「と」「に」「が」「の」
S:に

◆【やった人が複数いる場合】文末の動詞を受身に、助詞ヲはガに直す練習
・お寺を建てました→お寺が建てられました
・1900年に建てました→1900年に建てられました

<物/こと>は~(ら)れます 【主題化・会話内での受身】

- 教える際の留意点-

1.【~が受身動詞】だったのに、なぜ【~は受身動詞】になるのかL29でも触れたが、ここのはまた違うハ・ガの説明をした方がいい。

簡単に質問の時は「は」を使う、と説明

?2020年に東京でオリンピックは開かれます。
(↑非文ではないが、オリンピックは開かれるが、別の何かは開かれない、という無駄に含みのある文が出来上がってしまう)

これについてはこちらの助詞「は」「が」の用法 違いと使い分けで詳しく述べているので、参照のこと。

T:日本自然公園、いつ作りましたか
S:1960年
T:じゃ質問は?
S:日本自然公園はいつ作られましたか
T:答えは?
S:日本自然公園は1960年に作りました
T:長いですね。1960年に作りました、でいいです

◆日本や地元の名所PCを見せ紹介しながら他の疑問詞も入れていく

<物/こと>は~(ら)れています

- 教える際の留意点-

1.多くの人がしていることを表す受身の使い方

導入・練習  ◆受身動詞のて形FC

T:これは何ですか。知っていますか
S:マイケルジャクソンです
T:皆さん知っていますね。マイケルジャクソンは世界中で知られています

◆国内、または世界でよく行われている事柄を取り上げる

新出語

注意する

この言葉の意味でよく学生が「ん?」という顔をする。
L33:(車に)注意する
L37:(人を)注意する
L33のは「気をつけます」、L37は少し意味がずれるが「叱ります」のように簡単な語で説明できる

~中(じゅう)L37:Xの示す範囲全て
日本中・町中・会社中・学校中・今日中
~中(ちゅう)L33:動作性のX=している最中 時間名詞=その時間内全て
電話中・仕事中・7月中
※ジュウは場所が多いが、「今日じゅう」というのもあることに注意

授業記録

受身は相互動詞は使えない。多い誤用が
×私は恋人と/にケンカされました
×私は恋人と別れられました
×私は恋人に「嫌い」と話されました
〇私は恋人に「嫌い」と言われました
上3つは相手と一緒に行う行為なので×

日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA