29課教案 自他説明 てしまいます(完了・遺憾) ています(物の結果の状態)

教師用メモ

1.この課では自Vが多く出る。既習の他Vとの違いは実際にドアを開けたり、自動ドアなどを見せて示す。また、ここで扱う動詞の多くが瞬間的に終わる動きを表すことに留意させる。

2.自Vは物、事柄が主語になる自Vが大変多い(多いだけで、「起きる・働く」などはそれに当てはまらないが自Vである)
そして、自Vと他Vの分け方で注意しなければならないのが、「意志のあるなしではない」という事。大切なのは「目的語をとるかどうか」である。「起きる」は意志があるが、目的語をとらない自Vである(だから無意志には自Vが『多い』)。VPCを数十枚見せていき、自Vか他Vか言わせて確認していく。言葉での説明はやるだけ無駄で、さらなる混乱を呼ぶだけなのは経験済み。とにかく例文とVPC。

3.「助詞ヲが付くものは他V」と言ってしまいたいが、「電車を降りる」などやっかいなものも多いので言わないようにする

4.他Vにも数は少ないが、テイルの形をとって、状態を表すものがある(L15で詳しく教授)
知っている、忘れている、眼鏡をかけている、持っている、着ている、など

5.動詞の中には現在形で現在の状態を表し、テイルの形をとらないものもある
できる、ある、いる、可能動詞、など

6.てしまいます/ました は時間がかかるものは×「旅行して」「アルバイトをして」「会議をして」。しかし、絶対的なルールではないので言わない

教案

物がVテ+ています N4 【『物』の結果状態】 単なる目前の事物の状態を述べる

L14たばこを吸っている
L15結婚している・住んでいます・持っている・知っている
L22着ている・はいている
L14~L22は主体が全て人。L29では物の瞬間的な変化の結果、それがどんな状態にあるかを表す
1.教室の事物の状態を描写し、理解を促す


導入・練習

◆まずは自他の違いを★マッチ★時計を使って示す
火を消しました 火が消えました

◆教室内にある物を指し示す
(電池が抜かれた時計)時計が止まっています (電池を抜いて)時計を止めました

◆時間があれば、L14~L22のテイル復習

◆PCを見て、【Nが自動詞ています】を作る
窓が開いています

◆相手が気づいていない物に言及し、気づかせる
Aあのう……。 Bはい Aかばんが開いていますよ Bえっ。あ、どうもありがとうございます

◆前の練習は単文だけだったが、これはカラで繋げて複文に。後件は働きかけや形容詞文など様々。【Nが自動詞ています】の形は前件、後件両方にある
エアコンが消えていますから、つけてください

◆ゲーム。カルタ。Tがカードの内容を読み上げ、グループ内で一番カードを多く獲得したものが勝利

この物+はVテ+ています 【会話内でのテイル】

1.ガが単なる目前の事物の状態を述べるのに対し、ハはそれに加えて会話内で話題に挙がった事物の状態も描写。その際、助詞は取り立ての助詞であるハを使う。A-1の目前との用法の違いがわかりにくく、同じじゃないの?と思うので、導入や練習ではQA式で提出、会話内で使われる事に着目させる。逆にA-1は会話などは出さないようにし、違いをはっきりしておく

2.取り立てて使うので、「他のイスは壊れていないが、このイスは壊れている」という対比の意味でガ→ハ。このようにある特定の物について壊れているとか汚れているとか、その状態を述べる場合は、「この~は~」と取り立てハを使い、さらにコノ・ソノなど特定する言葉がつくと主題が際立ってわかりやすいので、つけて練習する

3.前件を理由のカラで繋げ、後件にテクダサイ、マショウなどの処置の依頼や実行を希望する文または言い訳をする文が続くことが多い

◆導入が非常に実演しにくい。PCで使用場面を示すしかない

◆Sの持ち物を借りるか、使おうとするが、それが使えない状態

T:(書き損じるG)えーと、S1さん、消しゴムを持っていますか
S:はい、消しゴムはかばんの中に入っています

T:あ~、熱~いコーヒーが飲みたいなあ。あ、S1さん、このコーヒー飲んでもいい?
S:このコーヒーは冷たくなっていますよ

T:この携帯電話を使ってもいいですか
S:この電話が壊れています(この一文だけでおかしいことは明らかだが、Sはわからないので、説明する)
T:話している時、私とあなた、会話の時、電話ガじゃありません、この電話ハ壊れています、です
S:えー、でも先生、C-1も会話ですが、ガです。どうしてですか。B-2も会話です。「エアコンが消えていますから、つけてください」「はい、わかりました」AさんとBさんの会話ですよ。
T:ええ~、会話ですか。よく見てください。C-1。後ろのかばんが開いています、わかりません。教えます。「かばんが開いていますよ」。会話は、「明日何をしますか」「買い物しますよ」、これが会話です。2人で話す時、「このNは~ていますよ」と言います。B-2も「お願いします」、これは『会話』じゃありません。『お願い』です
S:なるほど!
(↑ここまでしつこいSはそうはいない。とにかくTがA-1とA-2の違いがわかっていれば、この説明文に準ずる他の言い方、わかりやすいGで構わない)

◆QA。Qは全てテモイイデスカ。相手に許可を求めるが、Bは話題の物の状態が悪い事をAに告げる
Aこのエアコンを使ってもいいですか Bそのエアコンは故障しています

Vテ+てしまいました N4 【うれしいとき】

1.【時間のある程度かかる動詞】と【達成が少し困難な事】につきやすい
×働いて~(働くことは日常的なことなので×)
2.いつ、どんな時に使うのか、また非文が作られやすいのでニュアンスをしっかり教授。使う動詞はこちらで指定してしまったほうがいい
3.確かに、テシマイマシタと言わず、シマシタと言ってもいいのだが、日本人は文を長く言う事で平叙文よりも丁寧さを出そうとする。説明は難しいが、これを言わないとまず使ってくれない表現の一つ


導入・練習

◆QA。「いいえ、まだ読んでいません」はL31
Q先週貸した本はもう読みましたか Aはい、全部読んでしまいました

Vテ+てしまいます 【未来完了】

1.テシマイマシタよりも例文が作りにくい。これを言う機会は後件がないと苦しいものばかり。何かの誘い・お願いがあり、それを断る状況を導入で提出。その際、文頭にスミマセンを入れる

2.テシマウは相手に「もうすぐその事態が終わるよ」という終了を示すことができるので、例えば
A「これから飲みに行かない?」B「ちょっと待って、これコピーしてしまうから」
と言う事で、相手に「すぐ終わるよ」という終了を提示してあげている。(過去形であるテシマッタにはこの用法はない)。これから考えられることは、いくらこの文型を使っても終了が感じられにくい事柄、つまり時間がかかるものには使われないということ
×旅行してしまいます


導入・練習

◆終了を示すために、後件に「ちょっと待ってください」を入れる
T:作文を書きました。どうしますか
S:先生に出します
T:じゃS1さん、私にお願いしてください。
S1:先生、この作文を見てください
T:(忙しそうなG)すみません。コピー・し・て・し・ま・い・ま・す・から、ちょっと待ってください

◆誘いを「これから~をするから」と断るQA。カラの後には「だから~できない」という言い訳の文が来るが、それを言わない答え方
A昼ご飯を食べに行きませんか Bすみません。これをコピーしてしまいますから

Vテ+てしまいました N4 【残念なとき】

1.マイナスの意味で使われる事が多いが、プラスでも使われる
A:レポート書いた? B:うん、きのう全部書いてしまった(だからもう心配ない)
母:宿題やった?   子:もうやってしまったよ


導入・練習

◆マシタと普通に言った後に、テシマイマシタを悔しがりながら言い、違いを示す
T:あっ、教科書/消しゴム/メガネを忘れてしまいました

◆前件したが、後件という結果になった、という話者の遺憾を表す。自Vか他Vかは不問

田中さんの住所を聞きましたが、忘れてしまいました

◆Bに何かが起こり、それに対しAがどうしたのかと問う。Aがンデスに接続する
Qどうしたんですか A手を切ってしまったんです

◆駅員に紛失した物を確認。電車も多いがとにかく学生は置き忘れや長財布がポケットからずり落ちたという事が頻発する。そしてなくすものが財布やパスポートなど生命線である事が多いので、この会話は重要
表現:ああ、よかった
Aすみません。けさ電車にパソコンを忘れてしまったんですが……。 Bパソコンですか Aええ。黒くて、このくらいのです Bこれですか Aあ、それです。ああ、よかった

授業記録

1.1課から50課を2分割する際、人によって14課の前後、20課の前後とさまざまな区切り方があると思うが、私はこの29課が大きな区切り、というかここからグっと難しくなる気がする。自他により、ずっと順調に、簡単簡単と言って、授業もスムーズだったクラスが幾度となくここで躓き、口が回らず、混乱し、落ち込んでいく。

2.1に関係あるのだが、だいたいこの課あたりからハネムーン期が終わる学生がぽろぽろと出てくる。特に賢い子に多いのだが、アルバイトや勉強、恋愛、進学など、様々なことで悩み始める。あちらから相談はしにくいと思うので、こちらから歩み寄ることが肝要。できない、あまり深く考えないパッパラパーな子ほど悩まない。

3.自動詞は「が」、他動詞は「を」を必ず伴うと思っている日本語教師が多すぎる。
・風が吹く 笛を吹く
・扉が開く 扉を開く
学生に違いを言う時は、ガ・ヲで教授してもいいが、「全部じゃないよ。ほとんどね」と付け加えること

考察

1.可能Vテイル
昔から聞くこの可能Vテイルの形

修理したテレビどう?見られてる?

可能Vは動詞だが、それ自体で状態を表すものなので、自動詞テイルのようにする必要はないはずなのに、なぜか可能Vにつけたくなるテイル。
テイルには様々な効果があり、接続する動詞によってさらに用法は増える。それらテイルの用法からいくつかピックアップされて、可能Vテイルが使われているのではないか。特に、ある一定の期間を切り取り、『この期間ではこういう状態である』と期間に焦点を当てたい時によく使われる。授業中に作文を書いてる学生に

どう?書けてる?

というのは、『授業時間には限りがある』『その時間内で書くことができるか』と無意識に問うているだ

当サイト、管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています(skype可)。詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA