JLPT文法解説:ことだ N2

用法① Vジ:~しなさい Vナイ:してはいけない

接続:Vジ/Vナイ+ことだ

1.上の人が下の人に「した方がいい/しない方がいい」と個人の意見や判断を助言、忠告として言う

2.×目下→目上

例文

大学に入りたいなら、もっと勉強することだ

用法② とても~だ

接続:Aい・Naな+ことだ

1.驚きなどの気持ちを表す

2.違いものだことだ
 ・失敗するのはいい〇こと △もの だ
 (↑「失敗=マイナスな事」が社会一般的なイメージなので、モノは不自然である。「私は個人的に失敗=プラスの事であると思う」ならば個人的な判断を示すコトが適切)

 ・時間が経つのは早い〇こと 〇もの だ
 (↑普通はモノだが、個人的な判断を示すならコト、社会的ならモノ)

 ・100個のケーキを一人で食べたの?よく食べられた×こと 〇もの だ
 (↑コトは動詞には接続しない)

例文

回転寿司屋では1時間経ったら捨てているらしい。本当にもったいないことだ

N1et、管理人による日本語教師養成レッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA