終助詞と役割語的な終助詞一覧 用法まとめ

助詞は様々な種類があります。格助詞副助詞接続助詞提題助詞取り立て助詞終助詞並列助詞などです。ここで紹介するのは終助詞のみです。

終助詞とは

※終助詞は「ね よ かい ぞ わあ っけ かな な か さ なぁ」など以外にもある。このページではとりあえず主な終助詞とその用法のみを紹介する。

「よ」「ぞ」 【知らせ】

「よ」:〈普通形/丁寧形+よ〉
制限なし            

  • 財布が落ちましたよ。
  • 今日の晩ご飯は寿司だよ。
  • 背中にゴミがついていますよ。

」:〈普通形+ぞ〉
基本的に、男性が同等以下の関係の人に使う。女性が使うとかわいい印象を与える。女性なのに男性の終助詞を使う➔ギャップが生まれる➔かわいいということなのかもしれない。

  • この答えは間違っているぞ。
  • 誰にも言っちゃダメだぞ♥

「よ」「ぞ」 【注意・忠告・警告】

「よ」:〈普通形/丁寧形+よ〉
制限なし             

  • 学校に遅刻するよ。
  • そんな所にいたら危ないよ。

」:〈普通形+ぞ〉
基本的に、男性が同等以下の関係の人に使う。女性が使うとかわいい印象を与える。

  • そんな謝罪では許されないぞ。 
  • このままお酒を止めなかったら死んでしまうぞ。 (忠告)
  • ここから先は禁止区域だぞ! (警告)
  • そんな会社辞めた方がいいぞ。 (忠告)

「ね」「っけ」「かな」「な?」 【確認・同意】

「ね」:〈普通形/丁寧形+ね〉
制限なし            

  • これおいしいね。
  • 大丈夫ですね?

「っけ」:〈普通形/丁寧形+っけ〉
自分は覚えている事を隠したい時によく使う

  • 会議は何時からでしたっけ。
  • 誕生日は明日だったっけ。

「かな」:〈普通形+かな〉
とても優しい質問。         

  • 明日雨降るかな。

な?」:〈普通形+よ〉
同等以下の関係の人に使う     

  • 大丈夫だな?

「ね」 【優しさ】

「ね」:〈普通形/丁寧形+よ〉
制限なし   

  • A:この答えは間違っていますね。
    B:あ、本当だ。気づきませんでした。

AはBに【知らせた】ので、「よ」がよさそうだが、「間違っていますよ」と言うと「あなたは知らないんでしょ?」という意味が入ってしまう。

「かな」「か」 【疑問】

「かな」:〈普通形+よ〉
同等以下の関係の人に使う

  • 試験、大丈夫かな?
  • 僕は何歳なのかな?

「か」:〈普通形/丁寧形+か〉
制限なし       

  • おいしいですか。

「かな」「か」 【独り言】

「かな」:〈普通形+よ〉
同等以下の関係の人に使う

  • お土産は何がいいか/かな?
  • どうしようか/かな?

「なあ」「な」「わあ」 【感嘆】

「なあ」:〈普通形+なあ〉
制限なし         

  • 高そうな時計だなあ。
  • あの二人はいつも一緒にいるなあ。

」:〈普通形+な〉
同等以下の関係の人に使う

  • これうまいな。
  • おまえよく飲むな。

わあ」:〈普通形+わあ〉

  • この料理うまいわあ。
  • 今日は暑いわあ。

「な」 【禁止】

」:〈じしょ形+な〉

  • 忘れるな。
  • 忘れるなよ。(より優しい)

女性は「~て」を使う。男性が「~て」を使うとより優しくなる

  • 忘れないで。
  • 忘れないでね。(より優しい)

「が」 【叱責】

〈ふつう形+だろう/でしょう+が〉
かなり強い男性的な表現。自分が言った事を相手が間違っていたり、忘れていたりする際に用いる。

  • 持って来いって言っただろうが!(文意:私はあなたに持って来いと言ったのにあなたは持ってこなかった、と咎めている)
  • さっき注意したばかりだろうが!(文意:私はさっきあなたに注意したばかりなのにあなたはまた失敗をした、と咎めている)
  • 遅刻するなって言っただろうが!(文意:私はあなたに遅刻するなと言ったのにあなたは遅刻した、と咎めている)

「かね」 【質問】

〈ふつう形/ていねい形+かね〉
「かね」は質問を優しくする働きがある。ふつう形は話者と同等の者に対して用いる。ていねい形は目上に使う事が多いが、同等の者に対して使うこともしばしばある。ただし、かなりやわらかい表現なので、立場が上過ぎる者に対しては使用を避けた方がいい

  • これ賞味期限切れてるけど、大丈夫かね?
  • そろそろ行こうかね。
  • 明日って休みでしたかね。
  • この問題、正しいですかね?
  • そろそろ行きましょうかね。
  • 退職した田中さん、元気ですかね。

役割語的な終助詞

役割語とは、漫画やドラマなどの作品の登場人物がキャラクター性を表すために使う言葉。つまり、現実世界においては普通、用いられない。「おいら」や「てやんでい」のような言葉で、終助詞に多く出現する。
ここからはそれら物語でしか使わない終助詞を紹介する。
」 「かしら」 「」 「 (の)かい」 「

他にも、博士が使う「~じゃ」や、金持ちなマダムが使う「~ざます」などがある。

終助詞は難しい

細かく分けると上記はさらに分けられるため、接続も併記した。一つ例を挙げる。
「かな」は普通形と接続して疑問と独り言の2つの用法があると上述したが、これを丁寧形にすると役割語的なものになる。

  • 大丈夫ですかな?

紳士風のおしゃれなおじ様がお嬢さんに問いかけている情景が浮かぶ一言だが、現代の日本ではあまり聞かれないだろう。つまり、役割語的な使い方しかしないのだ。
この使い方を入れなかったのは、紛らわしくなるという理由と、キリがなくなるというからだ。「かな」を例にとって書かなかった用法を紹介したが、他にも山ほどあるので、このページではとりあえず主な用法のみを紹介した。

日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA