見せるだけ!場所PCは無限例文製造機

場所PC(ピクチャーカード)を使ったキューの出し方を紹介します。教師の発話をできるだけ少なくした方がいいとはこの記事で述べた通りですが、今回はその方法の一つです。

場所PC

ここから、その場所PCと、その活用法、使用可能文型を紹介します。初級でも前半の方で特に活躍してくれます。

コンビニ

まずは「コンビニ」です。日本のコンビニではやれることが大変多く、例えば可能を表す文型ならば、状況を最初に示す場合に、このコンビニのPCを見せれば学生が勝手に例文を作ってくれます。
T:ここは?


S:コンビニ
T:コンビニで何ができますか
S:コンビニでコピーができます
T:コピーだけ?他には?
S:買い物/荷物をもらう/送る/お金を出す/休む+可能表現

例文は学生が作ってくれるので、教師が例文を作る手間も省けます(一応用意はしておいた方がいいですが)。

関連
ことができます

可能動詞

新宿

街の名前もおすすめです。コンビニよりも範囲が広く、やれることは多いです。
T:昨日何をしましたか
S:寝ました/アルバイト
T:(イラッ)
なんて流れはもうこちらとてとっくに予測済みです。
T:明日何をしますか(新宿PCを見せる)。新宿で何ができますか
S:映画を見ます/友達と遊びます/買い物します/デートします
T:た・・・り・・・?
S:ああ、映画を見たり、友達と遊んだり・・・

他にもこんなこともできます。

T:ここは?
S:海
T:海へ・・・?
S:海へ泳ぎに行きます
T:じゃここは?
S:デパートへ靴を買いに行きます

関連
に行きます

たりたり

美術館・図書館・学校

この3つは禁止が作りやすいです。
T:ここは?
S:美術館
T:美術館で?
S:・・・
T:(写真を撮るポーズ)
S:写真を撮ってはいけません
図書館なら「話してはいけません」、教室ならさらに多くの禁止事項があります(たばこ・お酒など)。「なければなりません」「てもいいです」としても使えます。

関連
てもいいです

なければなりません

病院・学校

「います・あります」が使えます。
T:病院に?
S:医者がいます
T:教室に?
S:先生と学生がいます

関連
います・あります

場所PC

場所PCを選ばないものとして「をします・へ行きます」の練習としても使えます。
T:(レストランPCを見せる)


S:ごはんを食べます
T:(学校PCを見せる)
S:勉強します
同様にして「へ行きます/来ます/帰ります」
T:(学校PCを見せる)
S:学校へ行きます
T:(S1の家PCを見せる)
S1:家へ行きます
T:帰ります

移動動詞

場所PC以外の例文製造機

テーマと少しそれるのですが、「パソコン」「ケータイ」も大変優秀な例文製造機です。この2つでできることを想像してみてください。まさに無限です。
この2つは例文を作る以外にも授業中に様々な役割を担います。是非他の課での活用法も模索してみてください。

まとめと注意点

以上のように、場所PCを用いると、簡単に学生にキューを出すことができ、授業が活発になります。

補足ですが、試験を作る際に上記のような言葉は使ってはいけません。試験ではできるだけ答えが一つになる言葉を、授業ではその反対を目指すとどちらもうまくできるでしょう。

日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA