「嬉しい・楽しい」違い 属性・感情形容詞

目次

  1. 嬉しい・楽しい違い
  2. 属性・感情形容詞とは
  3. 形容動詞(な形容詞)・名詞とは

嬉しい・楽しい違い

形容詞には種類が2つある。

嬉しい=感情形容詞  楽しい=属性形容詞

【×嬉しい 〇楽しい】

「楽しい」はそのものの状態を述べるため、感じる主体に三人称は来ないが、伝聞の文型「そうだ・らしい」や「がる」をつければ可。難しいのは「彼は楽しい人だ」の「彼」は三人称だが、彼が【楽しいと感じていること】を述べている訳ではなく、彼の【属性】を述べているのである。

  • 買い物は楽しい
  • パーティーは楽しい(〇パーティーに誘われて嬉しかった)
  • 昨日の遊園地は楽しかった
  • サッカーは楽しい
  • 日本語の勉強は楽しい
  • 怖いから何か楽しいお話して

これらは全て属性を表す

【〇嬉しい ×楽しい】

その事物に対して話者が感じた気持ちが嬉しい、であるから、「楽しい」とは違い三人称での使用は伝聞以外を用いた場合を除き使用不可
「×彼は嬉しい」「×彼は嬉しい人だ」

  • 明日はデートだ。嬉しいな
  • 彼氏に結婚しようと言われた。とても嬉しかった

【〇嬉しい 〇楽しい】

  • 日照りが続いていたが、やっと雨が降って嬉しい(雨の日に対して話者が嬉しいと感じた、と述べる)
  • 雨が降って楽しい(楽しい事があると言っている)
  • 20年ぶりに友達に会った。とても嬉しかった(会ったことに対しての話者の気持ち)
  • 20年ぶりに友達に会った。とても楽しかった(友達と何かをして、その行為(お喋りなど)が楽しかった)

属性・感情形容詞とは

そもそも形容詞とは何なのか。形容詞は大きく分けて2つある。

・属性形容詞…客観的な性質・状態・特徴
人称による制限はない  例:長い 黒い 高い
・感情形容詞…主観的な人の感情・感覚
三人称では「がる/そうだ」が必要。そのままの形で、二人称で使うな
らば疑問形になる    例:嬉しい まぶしい 欲しい

感情形容詞は基本的には1人称主語しか許さない(人称制限がある)。つまり、1人称以外が主語になる「あの
人はうれしい」は許容度が低く、「そうだL43」「みたいだ」などの話し手の判断を表す要素(モダリティー)を必要とする

がる=感情形容詞?

「がる」が付くと感情形容詞だが、「強がる」の様に、属性でも「がる」が付くものがある

属性感情形容詞

元々は感情形容詞だが、感情を引き起こすものの性質を形容する時は感情形容詞を三人称でも使える
例:この町は「寂しい」
例えば「寂しい」は、この道を見て寂しくなるのは話し手だが、話してはこの道が「寂しい」と形容しているため、このような場合は感情形容詞である「寂しい」を使うことができる

「好き・嫌い」は三人称でもOK

二つとも一応感情形容詞だが、「彼は彼女が好きだそうだ」とも言えるが「彼は彼女が好きだ」でもOK
悪い:「頭が悪い」=属性形容詞 「気分が悪い」=感情形容詞
↑の様に一つの形容詞が二つの用法に使われる
参.9課 好き・上手

形容動詞(な形容詞)・名詞とは

養成講座などに通っていた人などは聞いた事があると思うが、名詞とな形の違いはあいまいな事が多い。NとNa、どちらでもいいと認知されているものをいくつか紹介する。

な形・名詞両方OK

元気な人・元気の源/秘訣 ?元気の人
平和な日常・平和の象徴 ?平和な象徴
幸せな人・幸せの条件
健康な人・健康の秘訣
他にも「安全・便利・楽・・・」

問題:1~5で、な形はどれか。(参考:日本語教育能力試験対策室)
1無理 2平和 3大切 4元気 5自由  答え:3はNa。他はNaの語幹が名詞の性質も有する
NとNaの比較以外の比較

『名詞な名詞』。名詞とな形の境界線

まずは例文
A:大人な対応
感じる人は感じるかもしれないが、私は違和感はないと思う。皆さんはどうだろうか。
名詞が名詞を修飾する時は助詞ノを使うと学生に教える。しかし、大人な対応という文に大きな違和感はないと思う。大人は名詞であるのに。もう一つ
B:ビールにする?日本酒にする? ・・・ん~、今日はワインな気分かな
どうだろうか。間違っているし、「違くない」と同じ新しい言葉だとは思うが、私はもう上のAとBの文は許容であると思う。次↓
C:(クリスマスツリーやきれいなイルミネーションを施した街路樹を見て)
うわ~、クリスマスな感じだね
これはちょっと苦しいかもしれない。
次は新しい言い方ではなく、むしろ古風な言い方↓
D:味な事を言うね
以上、いくつか「NなN」の例を挙げた。「NのN」で言い換え可能なものはAとBで、Cは苦しく、Dは慣用的なもので許容どうこうではなく『正しい』言い方である。

イ形・連体詞両方OK

イ形    連体詞
大きい木  大きな木
小さい箱  小さな箱
おかしい人 おかしな人

※×大きだ、小さだ、おかしだ (連体詞は述語にはならず、体言が続く時だけ連体詞になる)
参.38課 大きな・小さな新出 – N2et

イ形・ナ形両方OK

イ形      ナ形
暖かい部屋   暖かな部屋
やわらかい食物 やわらかな声

「ない」の品詞は2つのみ

a.ここには本がない b.その本は読みたくない
c.彼は本を読まない d.走らないと遅れる

形も、否定する働きも同じだが、品詞が違う。abは形容詞、cdは助動詞。
「ない」を「ぬ」にできる→助動詞

「特別」「同じ」は例外的な形容詞

・特別:<名詞>特別のはからいで~ <ナ形>特別な思い
<副詞>特別に~
・同じ:「同じ」は名詞に続くときは「な」が不要
例:×同じな服 ○同じ服

※「同じ」はな形(形容動詞)?名詞?
これは文末に置くと、「同じだ」となるため、一応形容動詞なのだが、「同じな/の意見」とはならないので、特別だと学生には教える。ついでに私はこれの対義語として「違う」も教えるのだが、チガウはオナジと品詞は違うよ、と教える。

ナ形イ形の違い

イ形の方が事実にもとづく客観的な説明で、ナ形が話し手の気持ちをこめた表現と言われる。たとえば、
今日は気温が上がり、あたたかい1日になりそうです。
今日は気温が上がり、あたたかな1日になりそうです。
を見比べると、「あたたかな」の方が、ちょっと嬉しそうなニュアンス。たった一文字の違いが、こういったところに微妙なニュアンスを生む。

名詞+する

「結婚する」「勉強する」はいわゆる3グループ動詞(サ変動詞・カ変動詞)と言われ、名詞に「する」を付けて動詞にしたもの。では、次の名詞は動詞にできるのか。
お父さん+する
久しぶりに訪れた友人宅で
「ちゃんとお父さんしてるじゃん」
これはつまり、「お父さんらしい事(家事や子どもの面倒)をやっている」という意味である。

当サイト、管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA