日本留学試験

問題の形式「短文単問」「短文複問」などと分かれており、その形式が苦手な学生に合わせて問題を解いていける。読解の試験を作る際にも、過去問が使えない時はこれがそのまま使えるので便利。さらに、このシリーズ、聴解編記述編聴読解編があるが、それらも同様に模擬や授業でも使える。「クリック中身検索」あり
 
過去問。初めてEJU対策をするならまずは教師自身でこれを解くこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA