クラスのマドンナで火をつける

着火①

アレルギーについての授業をしました。

誰かアレルギーの人いるー?と聞くと、「甘い物が大好きなのに食べたら全身が赤くなるアレルギー」の女の子がいました。何その無限地獄…って思ってたら男共が可愛い!と大変興奮しておりました。

着火②

別のクラスでは、日本のポップカルチャーについての授業。美人の、いわゆるリア充学生が

「趣味はアニメです(笑)」

と言うと教室が沸くのですが、暗い、いわゆる非リア充が

「趣味はアニメです(真顔)」

と言うと時が止まるのです。 同じ文言なのに・・・と思いながらもとにかく彼女を救うため、急いで話題を変える私。

このように、だいたいどのクラスにも、何をやってもきれいだからと特別扱いされるマドンナ様がいらっしゃいます。不公平極まりないですが、男なんてそんなもんです。

マドンナを使う

そして、私はそれを逆手にとります。男子学生Aに元気がなかったり、男子学生Bがつまらなそうだったら、それまで温存していたマドンナチャンスを使います。何を言っても盛り上がりますし、男子もその発言に対して冷やかしを入れたりします。

ちなみに、逆のパターン、クラスの王子様で女子を沸かせるテクニックもあります。

『使う』という言葉は正しい言い方ではありませんが、クラスを盛り上げる方法の一つとしてやってみてもいいと思います。

日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA