50課教案 「謙譲語」 お~します ご3gVします 特別謙譲 丁寧語

教師用メモ L50では謙譲語と、L49で学習した上下ウチソトの敬語全体の体系を把握、適切に使えるようにする 謙譲語は話者が聞き手や話題の人に対して敬意を表すために、話者を低める 「低める」「高める」という語彙はわからな... 続きを読む

49課教案 「尊敬語」 お~になる/ください 特別尊敬

教師用メモ 敬語とは話者が聞き手や話題の人に敬意を表すために用いる。話者は聞き手や話題の人との、上下親疎ウチソトなどの社会的人間関係を考慮して、敬語を使う。 敬語を使うのは「目上(先生など)」、「疎(親しくない・初対面... 続きを読む

48課教案 「使役動詞」 ~ヲ/ニさせます させていただけませんか

教師用メモ 視点の違いにこだわる日本語の最たる文型。だれがしたいのか・させたいのか・してもらうのか・させてもらうのか、これらを意識させながら教授 用法で助詞が変わるのではなく、自他Vで変わる 用法が強制と許可とあるが、... 続きを読む

47課教案 そうです(伝聞) ようです(推量)

教案 フ(Na/Nだ)+そうです N4 【伝聞】 1.第三者から得た情報をそのまま伝える 2.意味と接続は違うが、形が全く同じ。接続でよく混乱する。 L43様態:「Vマスそうです」    雨が降りそうです L47伝聞:... 続きを読む

46課教案 ところです ばかり はず

教師用メモ 「ところ(所)」はL8で空間的場所で既出。L46は時間的位置を指す 全て無生物などに使えないことなどからもわかるが、無意志動詞は不可 トコロは「ちょうど今(から)」などを表すので、教室内での導入ではやりづら... 続きを読む

45課教案 ~場合 のに(意外・不満)

教案 Vジ/Vタ/Vナイ・Aい・Naな・Nの+場合は、~ 1.色々な可能性の中から1つの事態を取り上げる場合に用いられる。後件は「その場合」に対する対応や結果 2.動詞の接続は3つあるが、負担を大きく感じるので「Vフ... 続きを読む

44課教案 すぎる やすい・にくい にします(変化・決定)

教案 Vマス+すぎました N4 超過 1.程度を超えたスギルという状態は通常望ましいものではない 2.動詞接続の場合は動作動詞に付けて、状態性の表現にする。「Vすぎて」という文型の後件はV可能、自動詞、状態を表す形容詞... 続きを読む

43課教案 ~そうです(様態・直前・予想) ~て来ます

教案 Vマス+そうです N4 【直前・予想】 1.Vに接続するときは、その動作や変化が起こる直前の状態、近い将来は発生する事態の予測 2.「動詞そうだ」の用法では自然にそうなるもの(雨が降りそう)などによく使う。意志を... 続きを読む

42課教案 ~ために(目的・利益) ~のに(評価・用途・必要)

教師用メモ 形式名詞ノの使い方マトメ L9【の=物】 ・これは私のです ・このペンは彼のです L38評価・感想・嗜好・能力【の=事】 ・漢字を書くのは難しい ・~するのが好き ・歩くのが速い ・~のを知っている L42... 続きを読む

41課教案 第三回授受 いただく くださる やる

教師用メモ 授受表現は三回 L7  「Nをアゲモライ」のみ (上下ウチソトは省) L24 「L7」+「Nをクレル」+「Vテアゲモラクレ」(上下ウチソトは省※例外文あり) L41 「L24に上下ウチソトを加えたもの」 ウ... 続きを読む

40課教案 ~かどうか ~てみます 疑問詞+フ+か、~

教案 疑問詞+フ(Na/N)+か、~ 【疑問詞の文中組込】 ※ドウカの後に読点がなさそうだが、ある 1.「~疑問詞か」は下クラスならきれいに分けて教授。上ならそんなに気にしないでいい 2.カの前が4品詞の場合と、疑問... 続きを読む

39課教案 ~て(原因) ~くて/~で、~ ので

教案 Vテ、~ N4 【心・気持ち・原因(後件感情)】 1.前件は(Vテ/Vなくて)で、後件の原因を表す 2.後件に意志表現は×。使える語はかなり少ない。「びっくりする・安心する・うれしい・悲しい・恥ずかしい・がっかり... 続きを読む

38課教案 形式名詞「Vの」 Vジのは(が)~です(評価・感想・能力) ~のを忘れました/知っています 強調構文「Vフのは~だ」

教師用メモ 形式名詞ノの使い方マトメ L9【の=物】 ・これは私のです ・このペンは彼のです L38評価・感想・嗜好・能力【の=事】 ・漢字を書くのは難しい ・~するのが好き ・歩くのが速い ・~のを知っている L42... 続きを読む

37課教案 「受身動詞」 直接/間接受身

教師用メモ この受身の形は中級で大変多く使われる。なぜなら、日本語には主語を言わずに文を作ることが多く、その際この受身の文が使われるからだ。 使役受身(N4)はみん日では非扱 可能動詞と受身/尊敬動詞、使役(受身)動詞... 続きを読む

34課教案 ~とおりに V1て/ないで、V2 付帯状況と二者択一 ~たあとで、~

教案 Vタ・Nの+とおりに~ N3 【コピー】 1.話者が言った事と全く同じことを指示する場合に 2.順番があるものには まず・次に・それから を使う 中級 1.Nとの接続時、よくノが省かれ、その際「通り」が「どお... 続きを読む

33課教案 「命令・禁止形」 と書いてあります という意味です と言っていました と伝えていただけませんか

教師用メモ 命令形の重要性を説く 万が一、強盗に出くわし、金を出せと言われて、わからなかったら大変。強盗は日本語教師のようにます形で話してなんてくれない。また、火事の時、逃げますはわかるが、逃げろはわからないでは、死ん... 続きを読む

32課教案 た/ないほうがいいです ~でしょう(推量) かもしれません

教案 Vタ/Vナイ+方がいいです N4 【提案・助言】 1.相手に助言する文型だから、終助詞「よ」を普通は使う 2.教科書では非扱だが、Vジに接続するときもある 3.下クラスならVタ/Vナイを分けて、上クラスなら... 続きを読む

28課教案 ~ながら~ ~し、~し ています(習慣) 「Pに行く」解禁

教案 Vマス+ながら~ N5 【短い時間】 1.ながらの後に読点がありそうだが、ない 2.ナガラには文の主(後件)、副(前件)というものがあるが、気にせず教えて構わない。もちろん主副についての説明も不要。 ★たばこ・... 続きを読む

26課教案 んです 推量確認 疑問詞で具体的な情報獲得 どうして~んでか 理由の付加 丁寧な表現 助言要求 ていただけませんか

教師用メモ ンデスとマス違い 色々な用法があるンデスだが、一言で言うと、マスより語調が強くなる。だから、ただの事実などを述べる文ではおかしくなる ×赤ちゃんは泣くんです △すみません、今何時なんですか(文脈によるが、誰... 続きを読む

25課教案 ~たら ~ても(条件文) もし いくら

教師用メモ トとタラの違い ・トは必然で、後件にはナリマスなどの無意志動詞がよく使われ、意志表現は×。 ・タラは後件に無意志動詞・意志動詞・意志表現可 教案 Vタ+たら・Vナイ+なかった(=普通形過去)ら、 N4 仮... 続きを読む