JLPT文法解説:てでも N2

用法 接続:Vテ+てでも 希望を実現するためならあらゆる手段をとると述べる際に用いる。絶対に後件をしたいという強い気持ちを表す   一緒によく使う言葉 前件:無理してでも・なんとしてでも   比較文型... 続きを読む

日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

JLPT文法解説:んがために N1

用法 接続:Vナイ+んがために (する➔せんがため) 1.~ために 2.日常では使われない古い言い方 3.使われる場面としてスピーチや決意表明などがある   一緒によく使う言葉 得る・生きる   比較... 続きを読む

JLPT文法解説:とて N1

用法 接続:N+とて 1.であっても 2.Xが人の場合、批判的な意見を受け、それに反論する時に多用 3.古い言い方で、現在ではかたい文章や、作品上の偉い立場(王などの指導者)が用いるのみ。日常で使うと確実に笑われる &n... 続きを読む