経営と教育の仕事の線引き

私はよく教育機関の経営に対して愚痴を言うんですが、経営が不要だ、絶対悪だとは思っていません。都合がいいようですが。 全ての要求は受け入れられない 教室は授業のためか、金のためか。4つの教室の形 以前このような記事で教室... 続きを読む

大きい学校小さい学校

今回は日本語教育機関の規模についてです。そのメリットとデメリットを私の経験と聞いた話をもとにした非常に主観的なまとめです。「そんなことないけどなあ」と思いながら読むぐらいでちょうどいいです。 大きい学校 学生数:800人... 続きを読む

教師と留学生の過労

日本の教育業界はボランティアが前提だ。タダで労働をする事が当然となっているので、タダでやらない、早く帰ろうとすると非難され、非教師扱いだ。 こういう流れは日本では顕著ではないのだろうか。以前私が「学生は客だ」というつぶや... 続きを読む

進学指導で2400万円を

進学指導と日本語教授、この2つには「教える」知識に隔たりが大きいです。そして、多くの学校が前者に対しての手当なり報酬が発生せず、皆ボランティアでこれをやっています。 進学指導とは以下のようなものを指します。 ①進路指導 ... 続きを読む

出席簿の効率的な記入方法

出席簿は学校によって記入方法が違います。大きく分けると2つ。  ①出席した時限に〇  ②出席した時限に空白 両方やってみると、①がどれだけ「教師の授業時間」と「事務の労力」と「インク」を無駄にしているかがわかると思います... 続きを読む

外国人の名前は大変

フン、ファン、フェン、フィン、フオン、フォン、フェン、フイエン、タン、ティン、ディン、テイン、カン、カイン、キン、ナン、バン、ビン、チン、クン、クィン、クオン、クアン、クエン、グエン、ルオン、リン、ミン、シン、オアン、オ... 続きを読む