教えるレベルが高くなるほど検定が活きてくる

日本語教育能力検定試験(以下、検定)について批判的な私ですが、検定の勉強は無駄ではありません。 それでは、検定の知識が具体的にどのように役に立つのか、私の実際の授業での利用法を交えながら紹介していきます。 目次 ... 続きを読む

オリジナルを作りたがる新人日本語教師

タイトルが批判的ですが、オリジナルを作るのが悪いという訳ではありません。 以前、授業見学をした際に、アニメを題材にして導入をしている先生がいらっしゃいました。確かに、そのアニメ自体はとても有名で、その方も、これなら外国人... 続きを読む

授業の基本的な進め方

  目次 提出順序 進行方法(導入方法) 練習方法 接続 例文作成 教材分析 提出順序 様々なやり方があると思いますが、最も基本的なものを紹介します。 各課にいくつかの文型が... 続きを読む

未習語が使える条件は2つ

未習語とは、学生が”学校で”未だ習っていない語の事をいいます。 私は未習語の使用については一部賛成です。 なぜ未習語を禁止するのか 日本語教育機関、特に初級レベルではこの未習語の使用については消極的な姿勢が見られます。こ... 続きを読む

「ああ、初めてのクラス緊張する~」

この時期よく聞く教務室の 「ああ、初めてのクラス緊張する~」 という声。その緊張が何から来るものなのか、原因を考えてみると少し楽になるんじゃないでしょうか。 どんな学生かわからないから緊張する 学生の情報は新入生でなけれ... 続きを読む

FC(フラッシュカード)の作り方と使い方

FC(フラッシュカード) とは、活用の練習を行うための文字が書かれたカードの事です。日本語は活用が面倒なので、これが大変重要な練習となるのです。FCは手書きでも印刷でもいいのですが、私は面倒ですし、編集が楽な印刷で済ま... 続きを読む

はじめて中級・上級クラスを持つ先生へ

目次 はじめて中級クラスを持つ先生へ はじめて上級クラスを持つ先生へ はじめて中級クラスを持つ先生へ 中級はとにかく文型が多く出ます。意味と接続を教え、例文やいつ使うかなどを紹介します。初級もそれは同じなんですが、一... 続きを読む

教師がやってはいけない5つの事

学校では学生だけではなく、教師にも禁止事項があります。 目次 背を向ける 黙る 板書 下を向かせる 学者口調 背を向ける WB(ホワイトボード)前の立ち方です。やりがちなのが、学生に背中を見せて板書するこ... 続きを読む

作文の書き方と誤用例とその訂正方法

これまでに見てきた学生の作文の中で、特に多い間違いを紹介します。 目次 作文の導入時期 作文・原稿用紙の書き方 マス目に拗音などを正しく入れさせるには 誤用例 結果 作文の導入時期 作文をいつからやるか、という問題で... 続きを読む

教師のための教室で使えるプロジェクターレビュー

目次 ルーメン(lm)について 勤め先が一つの方におすすめ 掛け持ちしている方におすすめ どうしても置く場所がない 必要な物、あれば便利な物 映画鑑賞としても ルーメン(lm)について ルーメン(以下lmと... 続きを読む

蔓延!カンニング学生!

まずはいろいろな彼らのカンニング方法の一部を紹介します。 教師が聞こえない声で話す ➔対策:口を見る 机の中のノートや教科書を見る ➔対策:テスト開始前に机を180度回すか、持ち物を全てかばんに入れさせる。私は... 続きを読む

日本語教師の教案の書き方とテンプレート

目次 記載項目 教案の書き方例 教案チェック 教案見ながら授業 教案は授業後に作る 教案に”決まった形”というのはないのですが、概ね下記のような形になっています。 記載項目 授業実施日:授業を実施する日を記載します... 続きを読む