出席簿の効率的な記入方法

出席簿は学校によって記入方法が違います。大きく分けると2つ。

 ①出席した時限に〇
 ②出席した時限に空白

両方やってみると、①がどれだけ「教師の授業時間」と「事務の労力」と「インク」を無駄にしているかがわかると思います。

圧倒的に右の方が効率的で、わかりやすい事がわかります。

日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA