JLPT文法解説:あまり N2

用法

接続

Vジ/タ・Naな・Nの+あまり

1.前件過ぎて後件になった

2.後件には普通からは少し逸脱した反応や行為が来る。

3.接続は肯定形のみで、い形は「~さ/み」と名詞化して接続

 一緒によく使う言葉

てしまう

例文

娘が死んで、彼は悲しみの~心の病になってしまった

驚きの~、声も出なかった

彼は身長を気にする~、ついに手術をして身長を伸ばした

感動のあまり言葉を失っている

緊張のあまり表情が固くなっている

驚きのあまり顔が引きつっている

耐性とは、薬を飲み過ぎたあまり、効き目がなくなることだ

緊張のあまり過呼吸になった

興奮のあまり気絶した

僕は嬉しさのあまりCDショップの駐車場で気絶しそうになりました

恥ずかしさのあまり逃げてしまった

日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA